So-net無料ブログ作成
検索選択

ホッヘンハイム戦ブンデスリーガ第32節2-1勝利!引誤審で1点!ドル・ホーム・ドルトムント・香川真司・採点・評価!!! [football game]

b32.jpg

今節の相手は1ポイント差で3位にいるホッヘンハイム。
勝って追い抜きCLストレートインを目指すしかない。

ホッヘンハイムは4位以内の位置で十分満足していると言う。
プレッシャーがかかっているのはドルの方だと、、、
29歳ナーゲルスマン監督。
今日はどのように頭脳を使ってくるのか?

負けるわけにはいかない。

負けたくない。

まだ2位に浮上する可能性もゼロではないのだから。

バイエルンが優勝を決めた中、注目の1戦。


試合結果はいかに・・・


「ブログランキング」
「ブログ村」に参加中です!
応援よろしくお願いします!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓
   
   ↓↓↓↓↓↓↓↓
   ブログランキング・にほんブログ村へ


おいっ!

予想外の香川選手ベンチスタート。
終盤負けていたら出して、勝ってたら守りに入るパターンだな?
1週間という準備するには十分の時間があったはず。
それでスタメンになれない理由とは何なのか?
やはりロイス選手の復帰が大きいのか?

・・・
試合開始

お互いが3バックで来た。

開始早々4分
カストロ→ロイスのシュート、キターーー、ロイスオフサイド、スルー。1-0

12分
ロイスのハンドはスルーからの相手のハンド。オバのPK、枠外、コテッ。

バイグルへのプレスが半端ない、2人からサンドイッチ状態。

序盤から激しい試合。

ホッヘンハイムのユニホームが青だから、シャルケのようでまさにルールダービーを見ているようだ。

前半も折り返し。
なかなかビルドアップ出来ない。
マークがきつい。

相手のCK時、ソクラテスが執拗に相手のユニフォームを掴んで離さないがスルー。

ん~~~。

何となくドルに有利な判定が多いような気がしないでもない。

前半終了
・・・
後半開始

相手は攻めてきた。
DFに代わってFWの選手を入れる。

相手にもチャンスはあるが、ことごとくラインコントロールで消すDF陣。
相手は10回のオフサイド。
いいぞ!

動くに動けなかったドルもやっと動く。

80分
ロイス→香川、デンベレ→ローデ投入。

イエローカードが飛び交う。
ブンデス最多タイの6枚。
その内ドルが4枚。

82分
ピシュチェク→ゲレイロのシュートはポスト、はじいた所をオバのシュート、キターーー!!!2-0

84分
相手のPKが決まる。2-1

あとは時間稼ぎ。

試合終了
・・・

なんとも雑な試合だった。
雑に見えただけかもしれない。
お互いが拮抗し激しい好ゲームだったのかもしれない。
私は正直そこまでわからない。
とてもCLストレートインを争っている2チームの試合とは思えない内容。
ホッヘンハイムに足元がうまいと思った選手がいたが、既にバイエルンに移籍が決まっていた。

今日はDF陣の連携がうまくいっていた。
あと、オバが得点し、レバ君と得点王タイに並んだ。

お互いが勝ちたいという気持ちだけが先走り、空回りした内容の試合だったように見えた。

ドルの戦術は、「ロイス選手、デンベレ君にボール持たせてあとはどうにかして下さいよ。」である。
それで勝ってしまうから、また監督が勘違いしてしまうんだよな。
あ~やっぱりシャヒン選手の怪我は痛かったな~。
香川選手との連携を見たかった。
ホッヘンハイムとしては、内容で勝って、試合に負けた、、、という感じ。
来シーズンからビデオ判定が導入される予定のブンデスリーガ。


何とも後味の悪い試合だった。


地元紙採点・一部(2,0~4,5)
選手名 記者 一般
シュメルツァー 2,0 2,6
ソクラテス 2,5 2,7
カストロ 2,5 3,4


「ブログランキング」
「ブログ村」に参加中です!
応援よろしくお願いします!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓
   
   ↓↓↓↓↓↓↓↓
   ブログランキング・にほんブログ村へ