So-net無料ブログ作成

★ キャンプ ★スペインはマルベージャにて合宿ドルトムント・シーズン後半試合日程・香川真司!!! [BVB topic]

20180107-1-2.jpg
20180107-1-5.jpg
ゴールを決めヤルモレンコ選手に
なでなでされる香川選手。
握手待ちのバイグル選手の目が。(冗談)^^


ウインターブレイクも終わり、3日から合宿が始まっている。

寒いドイツから、平均気温が10度も高いスペインへ。

食べ物もおいしい所で。

練習ピッチには、

ピシュチェク選手、ゲッツェ選手、カストロ選手、ドゥルム選手、ロイス選手、

が帰ってきた。

ロイス選手の復帰予定が2月に延びている。

W杯にて、ドイツ代表選手としての出場は厳しいものがある。



となると・・・



ブログのランキングに
エントリーしています!
「ブログランキング」と
「ブログ村」に参加中です!
ポチッと応援よろしくお願いします!
ここを押して下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ここを押して下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
応援ありがとうございます!!!



シーズン後半の日程・途中まで

1月
1/07(日)テストマッチ デュッセルドルフ vs ドルトムント
1/09(火)テストマッチ ドルトムント vs ズルテ・ワレヘム
1/15(月)ブンデスリーガ ドルトムント vs ボルフスブルク
1/20(土)ブンデスリーガ ヘルタ vs ドルトムント
1/27(土)ブンデスリーガ ドルトムント vs フライブルク

2月
2/03(土)ブンデスリーガ ケルン vs ドルトムント
2/10(土)ブンデスリーガ ドルトムント vs ハンブルク
2/16(金)ヨーロッパリーグ ドルトムント vs アタランタ
2/19(月)ブンデスリーガ ボルシアMG vs ドルトムント
2/23(金)ヨーロッパリーグ アタランタ vs ドルトムント
2/27(火)ブンデスリーガ ドルトムント vs アウクスブルク

3月
3/04(日)ブンデスリーガ ライプツィヒ vs ドルトムント
3/12(月)ブンデスリーガ ドルトムント vs フランクフルト
3/18(日)ブンデスリーガ ドルトムント vs ハノーファー


ドイツ代表となると、やはりゲッツェ選手押しが濃厚である。

ゲッツェ選手復帰後、チームがまたおかしなことにならなければいいのだが。

ピシュチェク選手は後半戦初戦のボルフスブルク戦で、ベンチ入りの可能性大である。
カストロ選手は今一歩というところか。
シュメルツァー選手がふくらはぎの肉離れのため、練習を休まざるをえない状況。

そんな中、4日オーバメヤン選手はアフリカ年間最優秀選手賞で3位を受賞した。

6日に行われた、ブンデス2部のデュッセルドルフとの練習試合は2-0で勝利した。

宇佐美選手所属のデュッセルドルフは2部で首位となっており、
このままだと、来シーズンは1部に上がってこれる。
しかし、後半出場していた宇佐美選手。
今一なんだな~。
ポジショニングが悪いのか、ほとんど連携に絡めないといった感じであった。
当然、パスも回ってこない。
これじゃ皆の信頼を得ることは出来ないんだな~。

それに比べて、
香川選手の出来がいい!!!
練習試合ということで、ほとんど流しているプレーだったが、
なんせ、ポジショニングがいい。
オフザボールの動きがいい。
前に出てもいい。
シュートも決めた。
チームの中心になってプレーしている、
香川選手のこの姿を目の当たりにした宇佐美選手。
2度目の海外挑戦。
宇佐美選手にとってはちょっと酷だったかな~???
何とか奮起して活躍して欲しい!!!

シュテーガー監督らしい、守りの堅い試合内容だった。
皆が前のめりになる際、香川選手はその穴埋めで守備に回る。
その守備が効いていた。

そしてボールを奪ってからの、速攻。
縦パス1本を、香川選手がワンタッチでヤルモレンコ選手にコースを変える。
今日はこの2人の連携が際立っていた。

やはり両足が使えるというのは大きな利点である。
ドリブルで相手を交わす際も、パスを出す際も、シュートする際も。
ヤルモレンコ選手は左利きであるが故、
以前左足のシュートを封印されるという、弱点をつかれるシーンがあった。
それからしたら、やはり両足使えるほうが非常に有利である。
クロスボールなどをシュートする際も、どちらの足で蹴るかで、
そこには1M近い開きがある。
狙える幅も広くなる。
あとは、決定力さえあればの話だが・・・
これが一番大きいのだが。。。

両足を利き足にするには、大きくなってからでは手遅れだと言う。
子供の頃から鍛えていないと、体が大きくなってからでは、
動きが付いてこないそうだ。
だから気が付いた時に、両利きになろうと努力しても遅いようである。

ヤルモレンコ選手のボールをこねすぎるところは、
注意を受けていたようだが、
結果的にシュートのこぼれ玉を、イサク選手が決めた。
ヤルモレンコ選手のアシストを香川選手が決めた。
おそらくこねすぎるくせは治らないだろう。
なぜなら、器用だからだ。
いとも簡単に、効き足でない右足でヒールパスを出せるし、
なかなかボールも奪われない。
が、ボールを持ち過ぎるという事は、相手にも準備する時間を与えてしまう、
と言う意味で、玉離れを早くしないといけない。
だいぶましにはなってきているようだが。

開始11分ゲレイロ選手が相手と接触し、負傷交代。
詳細は不明だが痛い交代であった。
大した接触ではなかったように見えたので、
大事をとっての交代だと思うが大丈夫だろうか?

ドゥルム選手も7ヶ月振りの復帰。
前向きなプレーを見せていた。

シュールレ選手はフルで出ていたが・・・だめだ、いい所全くなし、残念。

というか、ドルトの冬の移籍はいったいどうなるのか?
このままで行くつもりなのか?
行くならいけばいい。



しかし、私が先日の記事に書き込んだ移籍情報は、
全くの”がさネタ”だったということになる。^^;



ブログのランキングに
エントリーしています!
「ブログランキング」と
「ブログ村」に参加中です!
ポチッと応援よろしくお願いします!
ここを押して下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ここを押して下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
応援ありがとうございます!!!