So-net無料ブログ作成
検索選択

シクロクロス購入計画2/surly [bicycle]

surlyが欲しい!



シクロクロスが欲しい!

アルミは却下。

クロモリに絞ることにした。



各ホームページより抜粋
s-s-surly.jpg

surly Cross-Check シクロクロス

いろいろ見ているうちにますますいいバイクであるということを実感する。





s-s-presidio.jpg

GARY FISHER PRESIDIO シクロクロス

かっこいい。

欲しい。





s-9wazoo.jpg

VOODOO WAZOO シクロクロス

はたしてフォークがカーボンの方がいいのかどうか・・・わからない。





s-8scarab_cyclo.jpg

テスタッチ シクロクロス

画像はSCARAB CYCLOだが、CYCLO-5の完車があこがれ。





s-s-9AURE__B.jpg

JAMIS AURORA ELITE  ツーリングバイク

捨てがたい。

あるかもしれません。





s-9lupo.jpg

BIANCHI LUPO ツーリングバイク

コストパフォーマンスNo.1





s-9speciale_cx.jpg

MASI SPECIALE CX シクロクロス

結構しぶい。



surly vs 6車種になってきた。



ゲーリーフィッシャーがかっこいい。

VOODOO個性的だ。

テスタッチは価格的にきびしいかな~。

JAMISはなんかしっくりくるんだな~。

ルポもおしゃれだな~。

MASIというメーカーがもうひとつわからないがいい感じ。





FELTがアルミしかないのが残念だ。






コメント(2) 

シクロクロス購入計画1/GIOS [bicycle]

各ホームページより抜粋
s-puredrop-7.jpg

GIOS PURE DROP クロスバイク



先日職場の近くの商店街をGIOS PURE DROPをさりげなく押して歩いている人を見かけた。

かっこよかった。

シクロクロスを買うことに決めた。



いろいろ調べているがツーリングバイクなのかクロスバイクなのかシクロクロスなのかはっきりしない自転車がある。



いろんなジャンルの自転車があることをあらためて知らされる。





シクロクロスとツーリングバイクの違いはおおよそわかったが走りに差はあるのだろうか?






コメント(2) 

しまなみ海道ツーリング with キャノンデールF7 [touring]

s-090808 037.jpg

生口島/瀬戸田サンセットビーチ



ちゃり仲間と8月8日・9日と1泊2日でしまなみ海道を走って来た。

天気予報は2日とも快晴。

予定では1日目各々が思い思いのコースをフリーで尾道→今治をとりあえず1回渡り切り、

2日目の今治→尾道は皆で渡船などを使いいろんな島々をゆっくりポタリングする予定であった。




案として海道の中ほどの宿を取り、半分を1日ずつかけてじっくり走り、次の日も残り半分を走った後

輪行で四国周りで瀬戸大橋を渡り帰ってくるという案もあった。

それもいい案だなと思っていたが・・・




まさか、まさかの異常気象が待っていたとは露知らず。。。





s-090808 003.jpg


さー尾道駅到着。

迎えてくれたのは観光案内のおそらく名物人間であろう観光案内おじさん。

だれそれ構わず大声で話しかけ一生懸命尾道をアピールしていた。

近寄りがたい風貌とはうらはら、おちゃめなかんじで愛想よかった。





s-090808 006.jpg


尾道渡船でいよいよ島へ。

数多い自転車乗りがいるのだろうと予想していたが、ほとんどまばら。





向島:走行距離:8,5km
s-090808 010.jpg


向島上陸

私は1日目はいわゆる”自転車道”というのは走らずに渡ってみようと考えていた。

まず向島で東の海岸線を走ることに。

海はきれいだし、ながめもよかった。

が、上り坂が3つ程ありそれがまたきついきつい。

こんなことしてたら体力が持つかどうかわからない。

こんな道普通自転車では走らないよ。

1島目にして予定変更。

橋が見えるとホッとした。

さーここからはおとなしく無難に自転車道を走ろう。

しかし暑い・・・とにかく暑い・・・聞いていた通り日陰を探すにも一苦労で、とにかく島は暑い。

島をなめたらいけない。





s-090808 011.jpg


因島大橋:全長:3,4km

橋の入り口をめざしていると仲間がブロンプトン乗りのご年配と談話中。

仲間も人が走っていない私と同じようなところを走ってきたようで。。。考えることは同じか?

高台の日陰はとても涼しくてこの場を離れたくない。

こんなんで最後まで走れるのか?

まだ1つ目の橋も渡っていないというのに。。。





s-090808 012.jpg


いよいよしまなみ海道を味わうべく初橋へ向かう。





s-090808 013.jpg


ヒョーーー。

吸い込まれそうだ。

自転車は車道の下を走るのか~。

日陰だし、風が気持ちいいし最高!

っと思っていたが車道の下を走るのはこの橋だけで、残りすべて車道と平行して炎天下を走るようになっていたのであった。





s-090808 020.jpg

因島:走行距離:9,5km


因島上陸。

暑さもピークに近くなっていく。

今回熱中症対策としてスポーツドリンクを大量に用意してきた。

自転車用ボトル700ml・凍らせておいたペットボトル500mlを2本・魔法瓶に1000ml。

凍らせてきたものはすぐに解けていきぬるくなってしまったが

さすがに魔法瓶だけは夜になっても冷たいままで、この冷たいドリンクがどれだけ渇きをいやし、体の熱を吸い取ってくれたか。

タオルをしめらせ、顔や頭、腕や足などリフレッシュすることが出来、持ってきてよかったと実感した。

難点は非常に重たいこと・・・



このスポーツドリンク2700mlを1日で飲み干してしまった。

でもコンビニに寄るロスタイムは少しでも減らせただろう。

自転車用ボトルは言うまでもなく途中でお湯になってしまった(笑)



暑さもいよいよピークである。

影の濃さを見たらわかる。

真っ黒である。



橋へのアプローチは山を削ったスロープ状の道を上がっていく。

山が途切れるところにはスロープ状のりっぱな陸橋が作ってある。

どれだけきついのか予測も出来なかったが、思っていたよりた楽であった。





s-090808 025.jpg


生口橋:全長:3,0km


先日まで地図上では高速道路=しまなみ海道となっているので私は端から端まで高速沿いを走れるものかと思っていたが大きな勘違いだった。

島内は地道を走り、橋だけは高速道路を並走する。

この繰り返し。

このことは自転車乗りの間では常識と言ってもいいのだろう。

それがいわゆる「しまなみ海道自転車道」=「瀬戸内海横断自転車道」であった。





s-090808 026.jpg

生口島:走行距離:15,0km


生口島上陸

この緑のサイクリングロードのマークがあちこちに点在している。

ありがたいことである。

この緑のマークさえ見落とさなければ地図も何もいらない。





s-090808 027.jpg


全国から自転車乗りが集まってくる理由のひとつでもあるのだろう。

それだけ完璧な自転車道なのである。





s-090808 029.jpg

耕三寺博物館近隣


中に入る時間的余裕もない。

ただただ涼を求めてさまよっていた。





s-090808 032.jpg

耕三寺博物館


ちょっとだけ観光気分を味わいに。





s-090808 034.jpg


「ちょいとひと休み」現在休業中・・・ひと休みって店が休んでるってことですか?

顔・腕・足に日焼け止めを塗っていたが見る見る間に真っ赤になっていく。

汗が日焼け止めを洗い流してしまう。

体がものすごく熱を持っている。

いきなり長時間紫外線を浴びるのはどうかな?長袖を持っていこうかどうか悩んだ。

やっぱり持って来るべきだった。

それはすでに電車の中で思っていた。

行きも帰りもエアコンがきつすぎて寒かったのである。

帰りは特に火照った体に冷たくしみた。





s-090808 036.jpg


パームツリーも道案内。

だいぶ日が和らいできた。しかしのどは渇く。

この辺からは水分を出来るだけ抑えるべきだった。

必要以上にスポーツドリンクを飲みすぎると血糖値が上がり余計にのどが渇いてしまうことがある。

徐々に疲れも出てきた。





s-090808 039.jpg

多々羅大橋:全長:4,2km


大三島へ上陸するも次の橋へ直行。





s-090808 040.jpg

大三島:走行距離:4,9km

大三島橋:全長:0,5km


短い橋だが他のつり橋と違い力強くてかっこいい斬新な橋だった。





s-090808 042.jpg

伯方島:走行距離:2,7km


伯方島上陸

かなり日が傾いてきた。

走るには快適な時間帯になってきた。





s-090808 043.jpg

伯方・大島大橋:全長:2,6km


風がきもちいい。





s-090808 045.jpg


仲間が談話中。

な・な・なんと、熊本から車載で尾道まできた3人組だった。

海道の途中の宿に1泊するとのこと。しかも宿を探したのがつい最近って言っていた。

なんとも元気な3人組であった。

急に馬刺しを食べたくなってきた。

本土の最南端の佐多岬の話で盛り上がった。。。





s-090808 047.jpg

大島:走行距離:11,5km


なんとか最後の橋で夕日を見ようとこの大島はかなりのオーバーペースで走った。

途中であきらめそうになった坂もあった。

もうあと10分で日が暮れる。

あと5分。

最後の橋、来島海峡大橋の下までたどり着いた。





s-090808 050.jpg


しばし夕日のイリュージョンタイムを楽しむことに。。。





s-090808 049.jpg


雲がかかっているがそれはそれで幻想的で・・・





s-090808 054.jpg


その夕日をバックに、はないちもんめで遊んでいる子供達が・・・

まるでおとぎの世界のようで。。。





s-090808 058.jpg


やがてまぎれもない朱に染まる。





s-090808 062.jpg


朱と青が混ざると紫になる。

最高のイリュージョンタイム。






s-090808 068.jpg

来島海峡大橋:全長:6,2km


真暗闇の中の空中散歩をしばし楽しんだ。

最後の橋を渡りきった。



今治駅前のホテルに向かう途中に雨が降ってきた。

パラパラ程度なので大丈夫だろう。



早速近くの居酒屋で乾杯!



・・・ビールがのどを通らない。

スカーッとするはずのビールを体が受け付けない。



どうやらスポーツドリンクを過剰に飲みすぎたようだ。トホホ。1番の楽しみを・・・



明日の天気を店員に聞いた。

「降水確率60%です」って、おい!いつ変わったのか?

なんなんだ。昨日まで晴れの予報だっただろう。

ここからは緊急会議。


結局、個々に思ったように尾道まで戻ることに決まる。

要は適当である。

それもまた楽し。

ここから輪行で四国周りで瀬戸大橋渡って帰ろうか?という案を思いついたが、

荷物を少しでも軽くしようと、尾道駅に輪行バッグ一式をコインロッカーに預けてきたことをすっかり忘れていた。

まっどうにかなるだろう。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2日目

s-090808 072.jpg


外は激しい雨である。

しかも私だけカッパを持って来ていない。



あとの2人は順次今治港発の「芸予観光フェリー」で尾道をめざす。

各島々に寄りながら最終的に尾道から2つ目の島、因島まで運んでくれる。

天気次第では途中で下船し、走ろうという計画である。

高速バスという手もあるとのこと。





s-090808 073.jpg


私は高速バスという手段を選択した。

バイクは折りたたんだらOKとのこと。

MTBなどは前後のタイヤをばらして底の荷物置き場に放り込まなければならないとのことだが細かいことは言っておられない。

終点は福山駅だが、その1つ手間への向東バス停(尾道に一番近い向島の東側)まで乗ることに。

その高速道のバス停から、地道に降りて在来線のバスを使えば尾道へ渡る渡船場まで行ける。



どちらにせよ、自走しなければならない。

カッパがない。

駅前のコンビニもカッパ類はすべて売り切れ。

ゴミ袋も売っていない。



「すみませんがゴミ袋を2枚分けていただけませんか?」

私があまりにも悲壮な姿だったのか

「ちょっと待ってください」

と奥から2枚の白い大きいゴミ袋を

「これ使って下さい。お代は結構ですから」

と分けてくれた。

「どうもすみません」

・・・ありがとうございました、キオスク今治駅店さん。





s-090808 083.jpg


バスで目的地まで1時間。

自転車が気になって仕方ない。

荷物は私の自転車だけなので発車、停車ごとにすべって傷だらけになっていると思ったら・・・


昨日の天気がうそのようである。

しかし1日走れただけでもありがたい。


停留所に着いた。

高速道の小屋に放り出された。

自転車は・・・無事であった。

さーどうしよう。

どうしようもこうしようもない。


バス会社の話では、在来線のバスは底の荷物入れがない。

折りたたみの小径車は車内持ち込みOKだが、MTBなどはバラしたとしても、その時の混み具合や、
運転手の気分次第で×になることがあるらしい。

運転手の気分次第って・・・どういうこと?


はなから自走は決めていた。

距離も2km程と知れている。

まずはコンビニ袋をヘルメットにかぶせバンドで固定した。

次はゴミ袋に穴をあけてバッグを覆う。

あとはもう一枚のゴミ袋でポンチョを作って準備万端。



快適快適。

これならカッパもいらないくらいであった。

待ち合わせの映画「あした」のロケセットまで。





s-090808 085.jpg


最後は渡船で尾道上陸。

やれやれであった。



輪行の準備を済ませ、「尾道ラーメン」を食す。


あまくてあついラーメンは疲れた体をいやしてくれた。





1泊2日のしまなみ海道ツーリング。





いろいろあったが、いろんな情報を得ることが出来た。





この夏の大イベントが怪我もなく無事終わりホッとしている。





あとは日焼けのケアが残っているが・・・(笑)





シャワーが身にしみる・・・(涙)





しまなみ海道完走。 しまなみ海道感動!(必ず舌を噛む)







コメント(3) 

岡山吹屋ツーリング with キャノンデールF7 [touring]

s-s-090801 002.jpg

お世話になった高梁北中学校 原校長先生



8月1日ちゃり仲間と、岡山の北西に位置する備中吹屋にツーリングへ。

輪行組みの2人とは伯備線の備中川面駅で待ち合わせ。

私は車載で備中川面駅に車を置いて合流。

そこから輪行で井倉駅まで。




直前になって、ふと思った。車をとめるところはあるのだろうか?

調べてみると備中川面駅は無人駅。

近隣の駅に問い合わせたが一時駐車場はないとのこと。

これは困ったな~と、情報を集めようと真横にある高梁北中学校に電話した。

その学校の校長先生がなんと奇遇にもロードバイク乗りであり、お言葉に甘えて学校の駐車場にとめさせていただくことになった。

名刺をいただいた。

「天空の城 竹田城」の写真付き。

和菓子までいただいて。。。

校長先生お世話になりました。

本当にありがとうございました。

いつかまた必ず高梁に戻ってきます。



いよいよ当日。

兵庫県加古川市→播但道→山陽道(岡山)→岡山道(賀陽)→備中川面駅 AM7:00出発、AM9:00着。





s-090801 009.jpg


さーいよいよ出発だ!

っと、いきなり工事中通行止めで高梁川沿いを迂回。





s-090801 011.jpg


加古川は警報が出ているとの連絡がはいった。

しかしこちらは晴れ。申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

やっぱり日ごろの行いか?





s-090801 013.jpg


河原で遊ぶ子供たち。





s-090801 016.jpg


水も冷たくて気持ちよさそうである。





s-090801 024.jpg


校長先生も「ちょっときついよ」とおしゃっていたが・・・

ここまでの激坂とは・・・





s-090801 027.jpg


登れど・・・





s-090801 029.jpg


登れど・・・





s-090801 035.jpg


なかなか・・・





s-090801 031.jpg


頂上へ・・・





s-090801 040.jpg


あか~ん。





s-090801 041.jpg


これって峠越え?

まるで登山であった。

もうすこしで水もなくなる。





s-090801 046.jpg


やっと峠を越え、下っていく。

当然下り途中の画像はないに等しい。

下りほど気持ちいいものはない。

止まるのはもったいない。

逆に上りの画像がやたらと多い。

上りながら写真を撮っているのではなく、写真を撮りながら、休憩しながら、合間合間に上っているといったほうがいいだろう。


ふーっ。


廃材置き場の中の自動販売機。

電源が入っているか・・・入っていた・・・助かった。





s-090801 050.jpg


地元の人から情報収集。

おじいさんいわく「こっちをこう行って、こう行って・・・」といいながら地面の方向を指差していた。

いったいどんな角度なのだ?(笑)


ここで道は2つに分かれていた。

1つは大雨のため通行止めの谷伝いの道、もう1つはまた峠越え。





s-090801 052.jpg


迷わず通行止めの谷伝いの道を選ぶことに。

進めなかったら戻ればいい。

ちゃりなら大丈夫というおじいさんの言葉を信じるしかない。



いざ突入!





s-090801 056.jpg


これが大大大正解だったのである。

しかもゆるやかに下っている。









s-090801 059.jpg


いったいここはどこなんだ。








s-090801 060.jpg


この緑の空間はなんなんだ。








s-090801 064.jpg


これから先はまさに洞窟探検さながら。。。

近くにたしか鍾乳洞もあったが、まさに異次元空間がそこにあった。





s-090801 069.jpg


やがてぐるりを岩につつまれ・・・





s-090801 072.jpg


ところどころの木漏れ日が道案内を・・・





s-090801 077.jpg


これは夢か現実か・・・





s-090801 078.jpg


いったいどこまで続くのか・・・





s-090801 079.jpg


初めての体感。。。






s-090801 083.jpg


その初体験の異次元空間から一気に外に飛び出した。





s-090801 086.jpg


そこには現実が待っていた。





s-090801 087.jpg


いきなりのゲリラ豪雨。

待っても待っても止みそうもない。

加古川の方はAM9:00には雨は上がっていたそうだ。





s-090801 092.jpg


ここは「無明谷」という。


いっそのこと名もない谷にしてほしい。


誰も知らない、誰にも知られることのない、誰にも荒らされないように・・・


「無名谷」という名に。。。


無明谷最高!





s-090801 090.jpg


時計を見るとPM4:00を回っていた。

見回したところ店も何もない。

お腹がすいた。

朝以降ほとんど何も食べていない。

校長先生にいただいた和菓子を1個ずつみんなで食べた。


元気が出てきた。


晴れ間も出てきた。



s-090801 095.jpg


さーっ、時間もない。

めざせ吹屋って、また上り?

しかも、もやってきた。

小雨も降ってきた。



s-090801 096.jpg


限界寸前、頂上にお食事所が。

PM5:00過ぎの昼食。

よくある台本だ。

先日、福知渓谷に行ったときもそうだったな~。



s-090801 102.jpg


さーいよいよ、ここが目的地。



s-090801 104.jpg


半日かけてたどり着いた・・・




s-090801 107.jpg

「吹屋ふるさと村」である。



s-090801 109.jpg

そしてここが「吹屋小学校」


現役の木造校舎として国内最古とされる吹屋小学校(県指定重要文化財)。

日暮れから午後9時まで年間通じてライトアップされているとのこと。



s-090801 110.jpg

隣接する「ラ・フォーレ吹屋」

吹屋小学校をイメージして設計されたホテルである。



s-090801 112.jpg

こんな高い位置になぜ学校が?

生徒がどんどん減っていくであろう小学校。



s-090801 114.jpg

いつ廃校になるかもしれない・・・


s-090801 116.jpg

たとえ廃校になっても建物は村のみんなが守ってくれるはずだ。


s-090801 118.jpg

やさしい人々がいるこの村。



s-090801 123.jpg


また雨が降ってきた。

軒下をお借りした。

着替えが終えるまでいろんな話をしてくれた。

「気をつけてかえりんしゃい」

”おかあさんも暑くなりますので、体に気をつけて!”



s-090801 129.jpg

あとは備中川面駅まで下りのワインディングロードが延々と続く。

あたりはもう真っ暗で・・・



s-090801 137.jpg

月明かりと、わずかなライトが照らす白線だけが頼り。

その真っ暗な中をみんなで狂ったように爆走した。



最高!

車載で帰宅途中、遅い夕食。

再度のすごいゲリラ豪雨が襲う。

前が見えない。

スピードを出せない。

播但道の花田ゲートで今朝払ったばかりの1,000円がカウントされた。

1日上限1,000円じゃないのか?

おーーーなんてことだ。

通過したのは8月2日AM00:01。

1分オーバーしていた。


雨さえ降らなければ・・・と思ったが、

今日「無明谷」を私どもで独り占め出来たのも、考えたら雨のおかげと言えばそうである。

両入口が閉鎖されていなかったら、あの狭い道に車が入ってくるのでとても危険であれだけの満足感は味わえなかったかもしれない。


雨、様様である。


谷貸しきり料1,000円と思えば安いものである。


最後に・・・


よい子は通行止めの谷に入ってはいけません。

私どもは悪い大人なんです。

突き当たったら戻ればいい、と言う考えは甘かったかもしれません。

実際、かぼちゃ大の石がゴロゴロしていたし、大きい石がたまたま頭に落ちてこなかっただけです。


あとよい子は暗い夜道を暴走してはいけません。

非常に危険です。

いわゆるランナーズハイというやつでそれを誰も止める者はいませんでした。

ほんとは普段はみんな大人しいんですよ(笑)





コメント(9)