So-net無料ブログ作成

175号線 with Bottecchia [pottering]

s-200430 005.jpg


175号線を走る。



いきなり見てはいけないものに遭遇してしまう。

「1971モンキーZ50Z」



1970年式のZ50Zとはタンクマークとカラーが違う。

後期型は楕円のモンキーネーム入りでタンク上半分が車体色と同じである。

おしゃれなブティックのオブジェとして現役!

モンキーの話を書こうとすればもう一つブログが必要になるのでこの辺で。。。





s-200430 001.jpg


車で走るのとは違い、直にアップダウンを感じる。

昼過ぎだったので上りの多い行きは追い風。帰りは向かい風。





s-200430 007.jpg


信号にひっかかるのもあり、行きも帰りも20分程かかった。(遅っ)





s-200430 004.jpg





車も多いし、自転車乗るにはちょっと走りにくいかな?






コメント(2) 

MTB最強軍団charingoさんFuelさん明石海峡大橋ツーリング [pottering]

s-200424 006.jpg


マウンテン最強乗りの2人と六角堂で待ち合わせ。



Fuelさんとは初対面。



サドルの高さからどんだけ大きい人かなと思っていたが私と2,3cmしか違わない。

しかしながら足の長さが尋常ではない。

まさに8頭身。

日本人にはありえない足の長さだったのである(驚)

charingoさんもちょっとご無沙汰の間に一層貫禄をおびていた。





s-200424 009.jpg


しばし歓談。

話は尽きない。

晴れの予報でも雨が降り出す異常気象。

しかも風も強くちょっと寒い。

そこでコーヒーブレイク。





s-200424 018.jpg


私のBottecchiaのフォークを見てFuelさんとが一言。

「これって仏壇磨きで磨いたらもっときれいになると思いますよ。」

と言いながらかっこよく葉巻のようなタバコをくわえる。

(”1日260km超 360km超 398,56km 走るライダーがヘビースモーカーかよっ”と心の中で突っ込みを入れる。

私もタバコはやめられないが、これにはまたまた驚いた。)



はーっなるほど!

そういえば、毎年祭りのみこしを仏壇用の液状のコンパウンドで磨いているな~。

いいこと教えてもらった。

早速明日買いに行こうっと。





s-200424 017.jpg


雨もあがった。

日差しがここちよい。

さー走り出そう。



charingoさんは1冊の関西のガイドブックを制覇したいと言う。

Fuelさんは堤防の上を走りたいと言う。

普段30cm幅で遊んでいるそうだ。

最後は20cm幅で走り続けること。(これって道路の白線の上を走り続けるということ・・・???)

ロープの上も走りたいって・・・曲芸師かよっ(笑)




今日はありがとうございました!





またお会いしましょう!





s-200424 001.jpg


夜は加古川の医師会との定例試合。





s-200424 002.jpg


いつも通りノーヒットノーラン。





s-200424 005.jpg


試合は7-2で圧勝した!

藤○君、大阪からわざわざ来てくれてありがとう。

また焼肉行こう!(笑)





そして是非今度一緒にロードで走ろう!






コメント(14) 

舞子の海へ with Bottecchia [pottering]

s-200420 008.jpg


先日ぷら~っと舞子へ。


私の好きな海を見に。


山もいいが私はやっぱり海が好きだ。





s-200420 005.jpg


海は世界と繋がっている。





s-200420 007.jpg


海を見ているとすべてを忘れることが出来る。

そんな海が大好きだ。





s-200420 009.jpg


高知から40日間で野宿だけで北海道を目指しているという若者2人組に出会う。

ママチャリでどれだけ走れるか挑戦するという。

「近くで野宿できるところはありませんか?」

”近くだったら須磨の海岸が・・・松林もあるし・・・トイレもあるし・・・”



写真を撮らせてもらった。

”自然にして下さいよ”

といったあとの2人の不自然なポーズ。

カメラを預かり2人の写真も撮ってやった。



自転車を持たせてもらったが、20キロ強の荷物をしょっている為スタンドを外しただけでハンドルがブルブル震える。



”気をつけて!”

「ありがとうございました」



若いということはすばらしい。

とてつもないエネルギーを感じる。

無謀ともいえるが、実際それに近いことを自分が気付かないうちに自分もやってきたのだと思う。

年がいくとついつい慎重になってしまう。

すべて計算・計画した上で動いてしまう。

計算した上でも思うようにいかないことが多いのだから・・・(苦笑)

たまには無茶をやってみたいと思うことがある。

しかしなかなか出来ないのが現状である。



そんな時に、こんな出会いがあるだけで

”よーし、私もまだまだ頑張るぞー!!!”

と元気をもらう。

自転車に乗っててよかったな~と思う瞬間である。





謝謝!!!





コメント(6) 

藤江海岸ツーリング with Bottecchia [pottering]

200421 006.jpg


1眼持って藤江海岸へ。


風こそあったものの最高のポカポカ日和。





s-200421 005.jpg


私は1眼を使うときは極力レンズの大きい単焦点の50mm f1.8を選択する。

一番人間の目に近いレンズだからだ。

記録ではなく、実際自分が見たままの絵を残したい。





s-200421 009.jpg


ズームの利便性も捨てがたいがどうしてもレンズが暗くなってしまう。

やはりこの明るい単焦点レンズが好きだ。

おさまりきれない被写体はフレームを覗きながら自分が動けばいいことだ。

撮った後はごちゃごちゃ加工せずそのままを残すように心がけている。

今や便利なこのデジタルカメラ。

銀塩しかない時代、部室の暗室でフィルムの現像、プリントからすべて自分でやっていた。

予算が少ないがゆえ1回のシャッターを切るのにどれだけ慎重に慎重に構えていたか・・・



今でもその記憶は忘れていない。





200421 001.jpg


西明石にある、自転車を眺めながらコーヒーを飲めるカフェへ。





癒される。





またどこか癒しを求めて走りに行こう。





一眼持って。。。





タグ:Bottecchia
コメント(4) 

ロード入門式 by Bottecchia ボテッキア クロモリロード [bike/car]

s-20100408 039.jpg


近所の高校では入学式。

私はロードバイクの入門式。

桜満開の最高の日和。





s-20100408 009.jpg


Bottecchia/ボテッキア。

コロンバスチューブのいわゆるクロモリロード。





s-20100408 016.jpg


コンポは105。

申し分ない。

本来はカンパとくるのだろうが・・・

私にはこれでも十分すぎるくらいだ。





s-20100408 015.jpg


タイヤはチューブラー。





s-20100408 012.jpg


チューブラーはセメントというボンドのような物を使いタイヤをホイールに接着する。

セメントが乾くまで1時間ほどかかるそうな・・・

今は便利なテープがある。

換えのタイヤとテープがあればパンクしても15分もあればタイヤ交換できる。





s-20100408 019.jpg


なんともしなやかなはしり。





s-20100408 037.jpg


フレームがしなっているような体感。





s-20100408 046.jpg


やはりいいものはいい。





s-20100408 030.jpg


きょうやっと入門式を終えたばかりのロード乗り。





s-20100408 033.jpg


これからガンガン・・・もとい・・・ボチボチ走りますよ!





s-20100408 023.jpg


元祖Bottecchiaさんとカフェにてご対面。

先日仕上がったばかりのDusterで登場。





これがまたかっこいいんだ!






コメント(8)