So-net無料ブログ作成

寛平ちゃんをさがせ アースマラソン完走後の余韻 [sport]


間寛平アースマラソン公式BLOGを見て

寛平ちゃんに一声かけたくて待ってたな~。



kanpeiツイッターより

「今日は朝4時30分頃から裏道、裏道をはしりました、

沿道で待ってくれてる方には申し訳ないんですが警察の方が道がこんだり、

人が出すぎて事故がおきたらあかんから、と言っ事で、ごめんね、アーメーマー。 」


毎日ブログを見ていた。

毎週TVを見ていた。

毎週ラジオを聴いていた。


さまざまな情報が飛び交う中、あの日は姫路泊と予測した。

次の日のPM、新しく再現された神戸市垂水区は舞子の旧武藤山冶邸の前で待機していた。

残念ながら会えなかった。


これまでさまざまな難関を乗り越えてきたアメママン。


残り2日間をどうやってファンの裏をかいて大阪までたどり着けるかどうか・・・



これこそが最大の難関だった。



無事に到着することを願っていた!



今では以前のように吉本復帰。

寛ばあちゃんも粗削りながらやっている。



復帰ありがとう!



ア~メ~マ~!!!




山下智久×ルフィー:亀梨和也×サンジ:生田斗真×ゾロ:ONE PIECEコラボ [tomohisa yamashita]


山下智久×モンキー・D・ルフィー

亀梨和也×サンジ

生田斗真×ロロノア・ゾロ

カジュアル系ファッション誌の「MORE」でコラボする。

雑誌にヤマピーがルフィーと並んで写っている。

山下智久×ルフィー

「ルフィーの夢に突き進むまっすぐな気持ち、強さに憧れる。

サンジも好きなんだけどね。」

目指すものは、かたや海賊王、かたやボクシングチャンピオン(笑)


夢は違えど共感できる部分があるようだ。


各々がワンピースについて熱く語っている。


チョッパーのグッズのオマケ付きのこの雑誌。


この雑誌見たらキムタクが怒りそうだな~。


”おれこそがワンピース王なのに、なんでお呼びがないの?”って。。。(笑)





我が家に公式グッズあしたのジョーピーがやってきたジョー!!!山下智久主演映画 [movie&TV]


待ちに待ったあしたのジョーピー。

手に入らないとわかったら余計に欲しくなる。

気のせいだろうかジョーピーの目が潤んでいるように見える。

腹筋とはほど遠いぽっちゃりお腹。

あたまがピーンと立っている。

まさにズラ状態。

もみあげもしっかりとがっている。

筋骨りゅうりゅう。

若干、半ケツ気味。

1個1個手作りだそうだ。

シューズはペイント。

ズラとグローブとパンツは布を器用に貼り付けてある。

やっと手にした「あしたのジョーピー」

すでにレア物となってしまった。

尽くせる限りのすべての手段、コネ、裏技を使って手に入れる。

あしたのために今日を必死に生きる。

その結果手に入れた一品。(おおげさやろっ)

「あしたのジョー」実写版を2回観覧し燃え尽きたと思っていたが

まだまだ映画は上映中。

さまざまな評価、コメントが飛び交っている。

「あしたのジョー」の上映が終わるまで私の戦いも続く。




余計にヒートアップしてきたジョー。







ペットとは何なのか?「犬飼さんちの犬」から目が離せない [entertainment]



「犬飼さんちの犬」オフィシャルサイト

http://inukaisan.info/

1月からやっているマイブームのこのドラマ。

なんともほっこりさせられる。





「犬飼さんちの犬」オフィシャルサイトより

無題.JPG

私は犬が好きである。

でもこのドラマの主役は犬嫌いの犬飼さん。

単身赴任中に知らぬ間に家族が犬を飼っている。

兵庫県はサンテレビで見れる。

金曜日のPM9:30~

映画化も決まっている。

なんとも愉快な、とてもマイナーなこのドラマ。

目が離せない。





今回で6話目になる。

題名だけ見ても興味をそそられる。

1話「調整する人」

2話「普通じゃない人」

3話「無理をする人」

4話「我慢をする人」

5話「約束する人」

6話「居場所のない人」

来週の

7話「行動範囲の狭い人」


家庭でのやりとり。

部下とのやりとり。

ワンコとのやりとり。

今後の展開が楽しみだ。





ペットを「買う」のは簡単だ。





でも一生涯共に暮らすのは大変だ。





家族がかわいがっているこのワンちゃん。





最後は犬嫌いの犬飼さんが最後まできちんと面倒を見るという・・・





そんな展開を期待している。





このドラマを見ているとなんとも癒されてしまうのである。







コメント(2) 

広島は尾道ラーメンVS福岡博多は長浜ラーメン サーリークロスチェック ツーリング [pottering]

kk20110224 008.jpg


尾道ラーメンを食べに行ってきた。





kk20110224 014.jpg

曇天の中のポタリング。

情緒ある小路を走る。





kk20110224 015.jpg

土壁の中に埋まった瓦。

なんとも味がある。





kk20110224 020.jpg

トタンの壁。





kk20110224 024.jpg

張り付いたツル。





kk20110224 022.jpg

時を感じさせてくれる。





kk20110224 025.jpg

2月も終わりか~。

梅も満開だ~。





kk20110224 030.jpg

あちこちに神社も点在していた。





kk20110224 033.jpg

今日一、釘付けになったのがこのブルーのタンク。





kk20110224 035.jpg

ああーっなんともなつかしいことよ。

田舎のトイレにぶら下がっていた。

「手洗器」

下のポッチを押し上げるとタンクの中の水がシャワーとなって出てくる。

よく考えたものだ。

昔の人はえらかった。





kk20110224 036.jpg

階段をかついで上っていく。





kk20110224 038.jpg

そこには火の見やぐらがあった。





kk20110224 037.jpg

はしごもないのにどうやって上るのか?





kk20110224 039.jpg

鐘のたたき方で知らせる内容も変わってくる。

火災信号が3パターン。

山林火災信号。

津波信号が2パターン。

演習召集信号。

これって鳴らす方も、聞く方も覚えるのが大変だ(笑)

あんちょこはあるのだろうが・・・





kk20110224 040.jpg
kk20110224 041.jpg

小高い丘から見下ろす町もどんどんにぎやかになっていく。

大きなマンションも建設中のようだ。





kk20110224 044.jpg

お腹も空いてきたので広島名物”尾道ラーメン”を食べに行こう。





kk20110224 019.jpg

民家の中を電車が横切る。

近過ぎる。

ベージュのやつだ。





kk20110224 032.jpg

すぐにまたやって来る。

今度はシルバーのやつだ。

いつもよく見る車両である。





kk20110224 028.jpg

線路沿いに走って行くと・・・





kk20110224 026.jpg
kk20110224 027.jpg

駅があった。



姫路市は山陽電鉄「的形駅」


しかも無人駅。


まさかここが無人駅になっていたとは・・・


知らなかった。。。





”広島行ったんちがうんかいっ!!!”


「私は尾道ラーメンを食べに行ったと書いただけで・・・」(笑)


”もう、ええわっ”


と、どこからか声が聞こえてくる(笑)





kk20110224 012.jpg

兵庫県は高砂市にある「尾道ラーメン宝竜」へ。





kk20110224 010.jpg

ここはかなりの人気店である。

いろんな雑誌にも取り上げられているようだ。

何回か食べに来たことがあるものの、以前とちょっと雰囲気が変わっていたような。。。



本場尾道で食べたのは過去に1回だけ。

一昨年前しまなみ海道を走った時である。
↓   ↓   ↓
http://kokundesdes.blog.so-net.ne.jp/2009-08-10



確かにうまかったのは覚えている。

でもいわゆる本場の味、本場の食べ方というのは全く分からない。





kk20110224 002.jpg

店内に入るなり

”カウンターに詰めて座って下さい。”

10名程座れるカウンターはほぼ満席。

テーブル席や座敷には客はいない。

運ぶ手間がかかるからだろう。



お姉さん:”何しましょう?”

私:「ラーメン下さい。」

お姉さん(早口で):”ラーメンですね~。スープは、ほにゃららほにゃららと、背脂は、ほにゃららほにゃららしましょう?”

私:「・・・普通でいいです。」

お姉さん(口調がゆっくりに):”スープは濃い目、薄い目と~背脂は入れますか入れませんか~~~?”

私:「薄目で、脂なしで」(フーッ・・・汗)





kk20110224 003.jpg

さーっ実食ぅ~!

スープは醤油味をベースに、豚の背脂、 いりこだしを加えた鶏がらスープ 。

歯ごたえのある平打ち麺。

具材はネギ、チャーシュー、メンマ。





kk20110224 005.jpg

うんっ!

うまいっ!

人気店だけある!



スープ薄い目でしっかりした味だったが、それなら濃い目って?

背脂をピャピャっとかけたらどんな感じ?

麺は尾道の製麺所から仕入れているそうである。

スープはギリ、麺がちょうどつかるくらい・・・少なかった。





kk20110224 006.jpg

ふと見上げると尾道ラーメン初心者用に”あしたのためにその1”が。。。

よーく見てみよう。



------------------------------------------------------------------------------------------------------

「尾道チャーシューメン」

メンのおいしい・こい口・(尾道ラーメン)



「チャーシューメン」

スープのおいしい・うす口・(尾道ラーメン)



うんちく:

◎どちらも醤油が濃いですが、ブタの背脂が浮いています。

スープと背脂をいっしょに口に入れ、かんでみて下さい。

背脂の甘さで醤油の辛いのとのどのかわきが消えます。

この背脂が一番おいしいですよ。



◎ブタはコラーゲンが多く含まれていてカラダにイイですよ。

------------------------------------------------------------------------------------------------------



メニューはたしか

「尾道ラーメン」(700円)

「尾道風ラーメン」(700円)

「チャーシューメン」(850円)となっていた。



この初心者用に書いたポスター。

どれがどれなんだか余計に分かりづらい・・・



私の食べた「ラーメン」(650円)はいったい何だったのか?

尾道風にも入らないのか?

ただの醤油ラーメンだったのか?(笑)



横に新客が座った。

と、同時に

「チャーシューメン大盛り、濃い目で、背脂入れて!」



やってきたラーメンを見た。



器もでかい。

チャーシューがぎっしり。

白い脂が点在している。

スープも黒い。


う・ま・そ・う・・・



他にもコーンラーメンやワンタンメン、キムチラーメン、塩ラーメン、うめ塩ラーメン、みそラーメン

とメニューは豊富だったが・・・



これがすべて尾道ラーメンなのか?



ちょっと疑問ではある。



尾道ラーメン・・・奥が深そうだ。。。





私の好きな一番のラーメンは長浜ラーメンである。



あの細麺のこし、あのとんこつスープ・・・



今回の判定は・・・



長浜ラーメンの一本勝ちぃぃぃーーーっ!!!





でもくせになりそうな尾道ラーメンであった。










コメント(12)