So-net無料ブログ作成
検索選択

シャルケ戦スタメン・2016/10/30 1:30キックオフ・香川真司選手確定!!!なぜわかるかって?ドルトムント・評価!!! [football game]


香川真司公式ブログ
http://lineblog.me/kagawa/

シャルケ戦は日本時間の2016/10/30 1:30に試合開始予定。

オバが点を取ったらピカチューになると宣言したパフォーマンスが今から楽しみだ!

香川選手はスタメンが確定している。

なぜわかるかって???

それは・・・香川選手が自分のブログを更新したからだ。

内容を見たら一目瞭然!

非常にわかりやすい人間である。

しかし、本人自身がそのことに気付いているかどうかはわからない。

他は誰がスタメンかわからないが、香川選手がスタメンというのがばれてしまっている。

ドルのホームページでの予想スタメン公表は意図的に違うものになるはずだが・・・


アップしている写真は懐かしいものだらけ。

セレッソ大阪からドルに移籍しブンデスで2連覇した後、2013-2014マンUに移籍した頃からファンになった。

2010-2012の2連覇した頃の香川選手やドルを見ていない。

それが非常に残念である。

写真には懐かしいメンバーが写っている。

グロスクロイツ選手・・・香川選手の世話係だった。
ドルのファンになった一番の立役者はこのグロクロの存在である。
初めてこの選手を見た時の衝撃は忘れない。
なんじゃこの選手。
これでもサッカー選手なのか?
なんか黒い長靴(のように見えていた)を履いてバタバタ動いているようだが・・・
宿泊先のフロントで立ちションしたらあかん。
酔ってしまうと素行が悪い。
首脳陣のマイナス評価が人生を左右することになる。。。
現在シュトゥットガルトで活躍している。

インモービレ選手・・・ドルではフィットせず、しかもホームパーティーに呼ばれなかったからと、すぐに移籍した。ラツィオで活躍中。

ホフマン選手・・・試合に出してもらえないのなら、試合に出してくれる所へとドルを去った。メンヒェングラッドバッハで活躍中。

ヤヌザイ選手・・・マンUからのレンタルでたらい回し中。ゴリゴリゴリゴリ中。



一番楽しい時期だった。

見ていて面白い時期だった。

クロップ監督の下、選手達は躍動していた!!!

手間ひまかけてこれらの写真をかき集め、アップするくらいだから、香川選手自身も一番楽しい時期だったのだろう。



香川選手!



スタメンちょんばれやでー、、、気い-つけやーーー!!!笑



「ブログランキング」と「ブログ村」に参加中です!
1日各1回ずつクリックしていただけると、非常にうれしいです!
よろしくお願いします!

↓↓ ここをクリックして下さい↓↓



↓↓ ここもクリックして下さい↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

クリックしていただいた皆様方、ありがとうございます!!!






ポカール戦2回戦・ウニオン・ベルリン戦・ラーセン選手デビュー・白星・ホーム・ドルトムント・香川真司・評価!!!!! [football game]


デビューしたユースのブルーン・ラーセン選手18歳のMF

だいたいクラブが事前に発表する、予想スタメン、フォーメーションなどというものはいい加減なものだ。

いい加減というか、自分らの手の内をわざわざ相手に知らせること自体が馬鹿げた事である。

それを見て裏の裏の裏をかかなければならない。

もし正直に発表しなければならないとしたら、それを見て対策を打つことが出来る。

予想スタメン&フォーメーションなど適当なものだ。

試合開始1時間前のスタメン&ベンチ入りメンバーの発表でフォーメーションなどを予測するならまだしも・・・

シャヒン選手ひさしぶりーーー、バイグル君温存。

シャヒン選手!期待してるぞ!

ラーセン選手起用、デビュー戦だ!!!

香川選手はベンチスタート。


相手は2部で現在2位のウニオン・ベルリン。

絶好調だ!

すごいサポーターの数!


「ブログランキング」と「ブログ村」に参加中です!
1日各1回ずつクリックしていただけると、非常にうれしいです!
よろしくお願いします!

↓↓ ここをクリックして下さい↓↓



↓↓ ここもクリックして下さい↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

クリックしていただいた皆様方、ありがとうございます!!!


試合開始。

ドルは4-1-4-1。

いきなり出たよ、出た出た、、、ゴリゴリゴリのゴリブラー、モル君。

目下リーグ戦出場停止中のモル君。

こねては取られ、こねてははずし、こねては倒される。

いったい何回こねたら気が済むんだよ。

開始早々ゴリゴリでお腹いっぱいで気分が悪くて吐きそうなんだよ!


11分
復帰したパパ、激しいタックルを受ける。

腰が痛そう、もだえ苦しむ。


20分
バイデンフェラー神セーブ!いいぞっ!まだまだいけるぞーーー!!!


25分
パスラック君、うかつにバックパス、相手FWが狙う、危ないっ、バイデンフェラーがセーブする。


28分
パパへのをファール、今度は足に、大丈夫か?
FKはシャヒン、はずす。


ずーっとパスラック君の裏を狙われる。

相手は右から、こちらは左から攻める。


37分
ゲッツェ、シュートーーーおしいっ!


39分
バイデンフェラーのGKが相手に当たる、、、おーいっ!あぶなっ!(たまにこういうミスをやらかす)

相手は統制は取れているがドルはもうグチャグチャ。


41分
シャヒン、ミドルシュート、、、神セーブされる。


42分
パスラック君、ミドルシュート、、、はずれる。


44分
ゲッツェからのーーーラーセン君シューーート!!!
(おそらく枠外だったシュートが、相手DFの手に当たりコースが変わりギリギリ入った・・・見なかったことにしよう・・・どうせPKで1点もんやし)

TO--------------------R!!!1-0

どこにいたんだラーセン君!いいぞラーセン君!やったぞラーセン君!おかっつぁんも喜んでるぞラーセン君!!!


後半開始。

相手のウルトラスが発煙灯をつける、、、あ~あ~っ、、、霧の中状態。

相手の邪魔をしたいという気持ちはわからんでもないが、それと同時に自分のチームの邪魔にもなるんだけどな~。

なぜそういう事をするのか意味がわからない。


52分
相手のミドルシュート・・・はずれる。


54分
パパの足へファール、、、もうやめてくれーーー、、、パパが壊れてしまうーーー。。。


68分
シャヒンお疲れ!ヴァイグル君投入!

シャヒンは切れていた!調子がよかったのに交代させられる。


68分
ラーセン君お疲れ!デンベレ君投入!

出たーーーデンベレ君&モル君のヤヌザイ分身の術、ゴリゴリゴリゴリの2乗戦法!!!


78分
これまで調子悪かったピスチェク、ナイスディフェンス!

監督が駆け寄り何か言っているが聞く耳持たずって感じである。

たぶん、、、嫌っている。


81分
相手のミドルシュートが決まる。1-1


86分
ラモスからモル君シュート、おしいっ、はずれる。


88分
相手のオーバーヘッド、はずれる。


ロスタイム3分に突入。


92分
カストロ、シュート、決まらない。



1-1のまま延長戦へ突入。

ヴァイグル君を休ませた意味がなくなった・・・

訳あって、ここからの試合経過はドルトムントのホームページを引用することに。

いきなり「オウンゴールで先制」と書いてあるし・・・ばれてたか。。。笑


96分
コナーからのギンター、シューーート!決まらない。


100分
バイデンフェラーが飛び出してしまいあわやの相手のチャンス、決まらない。


100分
パスラック君お疲れ!ローデ投入!


113分
カストロシューーート決まらない。


勝負はPK戦にもつれ込む。

バイデンフェラーが2回もセーブしPK3-0で勝利!!!

やったぜバイデンフェラー!!!

今日の主役はバイデンフェラーだ!!!



試合終了ーーー!!!



勝ちはしたものの、言いたい事がある。

なぜ調子のいいシャヒンを交代したのか?

ヴァイグル君は休ませといたらよかったんじゃないのか?

結果、延長になりヴァイグル君も休むどころか余計にしんどくなった。

ヴァイグル君が壊れてもいいのか?

ただ単に監督がシャヒンが活躍するのを見たくなかったからであろう。

監督のこういうところが嫌なのだ。


若い2人のドリブル突破を監督は認めている。

ドリブル突破を計らさせて、いつか覚醒するのを待っているようだが、

そうしているうちに順位はどんどん下がって行って、気が付いたら取り返しの付かないことになるのは目に見えている。

だいたいドリブラーが好きな戦術家って、、、”な・い・しっ”。。。

そんなの戦術家でもなんでもない。

そこには連携も何もない。


ロイスーーー、シュールレーーー、早く帰って来てくれーーー!!!

フンメルス選手がいなくなって監督に意見を言う選手がいなくなったドル。

ロイスーーー、シュールレーーー強くなって、監督に意見を言ってくれー!!!


タイトルのない監督にとって、タイトルを持っている選手達がねたましいんだろうな~。

だからシャヒン選手、スボティッチ選手などは干されてしまう。

ゲッツェ選手はドイツ人で獲得したばかりだから使うが、香川選手は監督のエゴ戦術がうまく起動しない時の助っ人的な選択肢となりつつある。

昨シーズンは公式戦で13得点しているから、点を取ってなんぼの評価が主で、

点に絡まない守備や、相手のパスコースを消すなんぞの地味なプレーは、評価外とされているようだ。


昨シーズンはヨーロッパリーグで、今シーズンはチャンピオンリーグなんだぞ、、、格が違うのだ。

リーグ戦&チャンピオンズリーグ戦&ポカール戦の同時進行は初めての経験だろう。

ターンオーバーのやり方も未経験。

そんな中、いろんな戦術を試すって、、、はてな?である。


どこの監督もそうだろうが、監督と言えども同じ人間だから、選手の好き嫌いは多少はあるだろう。

ま~仕方ないと言えばそれまでだが。


なんでもかんでも選手のせいにする。。。

自分の非はめったに認めようとしないし。。。

いい監督は選手を擁護する。

先の試合でギンターなどを批判したが、レギュラーではないにせよギンターは、

リーグ戦&チャンピオンズリーグ戦&ポカール戦を経験してるんだよ!


とっとと出て行ったフンメルス選手はたいしたもんだと今更ながらそう思う。

この2人が意見が噛み合うはずがない。

そのフンメルス選手がいない中、もはや監督の独裁体制だ。

だいたいコロコロコロコロ戦術を変えすぎなんだよ。

もうペップの真似はいいから選手のこと、チームのことを考えてくれよ。


こんな監督のエゴや、若い選手に付き合わされる周りの選手がかわいそうだ。

ゲーゲンプレスも影も形もなくなってしまった。


今日の試合を振り返って監督は言う、「結果には満足している・・・」と。

結果って?勝ったことか???

まー今回は負けたら終わりの1発勝負のポカール戦だからね。

こんな結果だけに満足しているようなら、バイエルンに次ぐセカンドクラブになることは到底ありえない。


さーポカール戦16強になった!

3回戦の相手が決まった。

ヘルタだ!

はい、おわた。


週末のリーグ戦次節はシャルケとのルールダービーが待っている・・・この調子じゃ、、、だめだこりゃ。


「ニッカンゲンダイ」がまた匿名で書いている。

誰に聞いたかも書いていない。

見なきゃ済む話だが、自然と目に入ってきてしまうのだ。

香川選手が横浜マリノスに移籍すると。。。

マリノスは俊介選手の後釜を探しているし、金回りもよくなってきたし・・・と。

なめとんかっ!

30歳過ぎたらわからないが、そんなこと今すぐにあるわけがない。

・・・記事のしめくくりは・・・「かもしれない」。。。と。。。


そんなんで給料もらえていい商売だなっ!!!


そう言えば先日のインゴルシュタット戦でのアナウンサーの一言が脳裏に焼き付いている。

「さすが監督、後半から修正してきましたね~」

って・・・

修正したんじゃないよ!普通に戻しただけで、前半がお試し戦術だったんだよ!

この一言が、わかって言ってるのか、それとも故意に監督上げで言ってるのか・・・


不自然に監督を上げるメディアがある。

香川選手だけを下げる手段に加えて、監督をほめることで遠まわしに香川選手を下げる。

香川選手を潰したいという圧力が裏にあるような気がする。

香川選手がドルに加入したことで追いやられた選手の国がからんでいる、、、国家ぐるみでの復讐の裏の動きがあるのかも・・・

1回書いたごとに、1回言ったごとに、お金をもらえるとか。。。


ただのわたしの妄想に過ぎなければよいのだが・・・




「永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。」釣りの名言・格言・加古川で80cmオーバーのシーバス狙い!!!!! [hobby]

IMG_0152.JPG

2年越しに釣れたシーバス。


「一時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。」

「三日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。」

「八日間、幸せになりたかったら豚を殺して食べなさい。」

「永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。」

中国の有名な釣りの名言・格言である。


腰を痛めて自転車に乗らなくなったからと言って何もしていなかった訳ではない。

ギターを弾きまくって左手が腱鞘炎になったからと言って何もしていなかった訳ではない。

痛めた所をケアしながら使える所を使って遊べばいい。

ずーーーっと、釣りをしていたのである。

今度は左肩が五十肩になり、右手の手首に変な骨が生えてきた!?

仕事に支障が出ると具合悪いので、一時中断することにした。



kakogawa3.jpg

①や②のポイントの加古川の下流の堰(せき=水位を調整したり、流れを調整するためのコンクリートや石積みなどのこと)で80cmオーバーのシーバスが釣れるということで、

休日に時間があるたびにルアーを投げてきた。

2号線と250号線の間である。

ポイント的には②に入りウェーダー(雨靴とゴム素材のズボンがつながったもの)を着用し、腰まで水に浸かってやるのが一番釣りやすいし、

実際ヒットしている人を目の当たりにするが、入れるのはせいぜい2、3人で早い者勝ちである。

①でやる事が多かったが、こちらからだと流木などの障害物が多くすぐ根掛かりし、ルアーを回収出来なくなる可能性が高い。

スピナーベイトなどだと、投げてから着水したと同時に巻き始めないと、リールが沈んでいく途中で何かに必ず引っかかってしまい、狙う幅が狭くなってしまう。

ミノーなら着水後しばらく流して、障害物を過ぎたあたりから潜らせるという感じで。

それかポッパーなどの沈まないルアーを使いトップウォーターを狙うしかないが、よほど活性が高くないとヒットの確率はグッと落ちてしまう。

結構、神経を使うし、体力勝負の釣りなのである。



kakogawa2.jpg

画像のように堰の下には勾配により白く見える泡が立つ。

泡は水中の酸素濃度を濃くする。

酸素濃度が高いと、プランクトンも多く育ち、いろんな小魚が寄ってくるし、魚が元気になり活性が高くなる。

その魚達を狙って大きな魚も集まって来る。

春・夏・秋と朝まずめ、夕まずめ、スズキを狙ってロッドを振ってきた。

思ったように、そう簡単に釣れるものではない。

投げては巻き、巻いては投げるの繰り返し。

いったい何百回、何千回投げただろうか?


でも1尾でも大物が釣れたとしたら、それまでの苦労なんてぶっ飛んでしまうくらい感動するものである。


私は賭け事はしないが、パチンコで大勝ちしたり、競馬で万馬券を取ったりするその時の感覚に近いものなのかもしれない。

勝った時しか覚えていないのと一緒で、釣った時は脳裏に焼きつく。



IMG_0148.jpg

あちこちに場所を変えた。

基本、夕まずめを狙うことが多い。

朝が苦手だからである。

確率的には活性の高い朝まずめの方がいいようなので、朝出かける時は、明け方までサッカーを見て、それから出向くというパターンになる。

雨の日や風が強い日以外は行ける限り行っていた。

たまには全く違う場所で、気分転換に太刀魚を狙ったり、

本気モードでエサを使いチヌを狙ったり。。。

タチウオ狙いは軽装で行くが、チヌ狙いとなると、エサのシラサエビを活かしておくブクブクや、まき餌用のオキアミのブロック、集魚剤、、、と結構大がかりになる。

シーバス狙いだと、継ぎ目のあるタイプのロッドを束ねてデイバッグに挿してモンキーに乗って気軽に出かけられるのである。


狙った獲物は全く釣れない。

ボウズの日ばかり。

写真も1枚もない。

ルアーフィッシングのセンスゼロなんかな〜〜〜???



IMG_0123.jpg
①のポイントで釣れたさより

やっと釣れたっ!嬉

どっちが魚でどっちがルアーなのかわからない。涙

一応いろんな魚は釣れる事は釣れる。

ブラックバス、ブルーギル、ガシラ、メバル、アジ、イワシ、フグ、ハゼ、ボラ、アイナメ、、、etc...

でもそれじゃないんだなーーー。。。


一度、とんでもない獲物を釣り上げた事があった。

それは①のポイントでの事。



kakogawa1.jpg

それは突然ヒットした。

まーだいたいヒットするのは突然なのだが・・・

夕方でまだ明るかったのですぐにギャラリーが集まって来た。

近くで釣りをしていた人ばかりではなく、ジョギングやウォーキング、犬の散歩を中断し、

私のロッドの先から伸びたラインを一点に見つめている。

緊張の瞬間である。

引っ張っても寄って来ない。

根掛かりか?

いや、巣に潜ろうとしている。

ラインがブロックにこすれないように細心の注意を払う。

一瞬魚がこっちを向いた。

一気にリールを巻こうとするが、、、

重い。

重たすぎる。

しかし魚信はしっかりと感じる。

魚が穴から出てきた。

今だっ!

ゆっくりゆっくり慎重に慎重にたぐり寄せる。

ロッドが半円を描く。

相手も右往左往して抵抗する。

ラインのテンションをリールのドラグで調整する。

周りのギャラリーがざわついて来た。

ここでばらす訳にはいかない。

土手から降り川に入ると、股下まで水に浸かる。

川のしぶきの中から魚影が見えた!

なんじゃこりゃー!!!


でかいっ!

でか過ぎる!!!

タモ網は持っていたがそれは使えそうもないくらいでかい!


そいつは、な・なんと全長80cmは優に超える「巨鯉」であった。


金色で黒光りしている。

やっとのことで魚を抱える。

とりあえず落ち着きたいので、横の”生けす”のような溜まりに魚を滑りこます。



IMG_0120.jpg
”生けす”のような所、、、魚は見え難いかな?

IMG_0120-1.jpg
中央にいる、、、感度を上げて、、、黄色い枠がそれ。

IMG_0120.jpg
アップにする、、、何とか見えるかな???右を向いている。めんたまとピンクのくちびるが・・・

ふーーーっ。

疲れたーーー。

30分くらい悪戦苦闘していたようだ。

ラインが伸びきってヨレヨレになっている。

10Kgくらいはあるのだろうか?

おそらく「堰の主」であろう。



その時、横には、ベストポジションで投げ釣りで数本竿を出していたおじさんがいた。

いい場所を独り占めしているやっかいなおじさんだ。

その横でおじさんと世間話をしながらルアーを投げていたのだ。

おじさんは四方八方に仕掛けを投入したままなので、ラインが絡まないように注意しながらルアーを投げていた。

私が巨鯉を仕留めたのを見届けると、そのおじさんは竿を置いたまますっくと立ち上がって消えて行った。


一息ついて魚からルアーをはずし、魚を”生けす”のような所から逃がしてやった。


しばらくすると、おじさんが大きな網を持って帰ってきた。

「さっきの魚はいらんやろ?」

”はい”

すると”生けす”のような所を網ですくい始めた。

「あれっ?どこいったん?」

”逃がしましたよ”

「ちぇっ、ずぼ釣りのえさに使えたんに・・・」

おじさんはその魚を解体し切り身にし、釣りのえさにしようと企んでいたのである。

おそらく、うなぎかスズキでも狙っていたのであろう。


堰の主さん、間一髪、命拾いしたね!



IMG_0125.jpg

これまでの一番の成果の魚はこのキビレ(キチヌ)、40cmである。

①のポイントで夜に釣れた。

一瞬、チヌ(黒鯛)かと思ったがヒレが黄色かった。残念。。。

チヌは50cm以上の大型(通称・年無し)サイズに成長するが、

キビレはチヌより大きくはならず40cm以上あればかなりの大型と言える。

シーバス狙いの私にとって、チヌも外道、ましてやキビレは外道の外道。

初秋にお腹パンパンに卵を持った一尾。

結構重かった。



IMG_0126.jpg

チヌは春に産卵するが、キチヌは秋。

燻(いぶし)銀のきれいな魚だった。

汽水域から子供を産みに川を上がってきたのか?

エサを探していて迷い込んだのか?

子供がいるので疲れているのか元気がなかった。

でも必死に抵抗してがんばっていた。

母は強しだ!

いい引きだったよ。

ありがとう!!!



kakogawa4.jpg

③の向島海釣り公園からルアーを投げていた。

海釣り公園とは名ばかりの、魚がいない、真水と海水が入れ混ざる汽水域の釣り場である。

昼間だったので余計に釣れない。

・・・が、、、なんと目の前の海面を大きなシーバスがゆっくり泳いでいく。

見るからにヨレヨレでヨボヨボだ。

ガリガリに痩せこけている。

秋口に出産を終えたばかりという感じだった。

泳いでいるというより、満ち潮に乗って浮かんで川を逆流しているという感じだ。

試しに目先にルアーを投げるが、全く反応しない。

見えている魚はなかなか釣れないものである。


しばらくして大阪から来たという若者2人に声をかけられる。

「どうですか?」

”全然だめですね~”

「ここにはよく来られるんですか?」

”たまに来ますよ。”

「何を狙ってはるんですか?」

”一応シーバス狙いです”

「がんばって下さい」

”どうもです~”


その2人は公園内の離れたところで釣りを始めた。

しばらく投げていると根がかりした。

・・・っと思っていたらゆっくりではあるがリールが巻けるのである。

重い。

大きな岩でも引っ張っているのか?

しかし、重い。

試しにリールをオフにしてみた。

するとリールが逆転し、ラインがピューーーーーーーーーーーンと走っていく。

何かがかかっている。

50メートル程走られた。

リールを巻き戻す。


重い。


魚の魚信というより、ずしんとした重みだけを感じる。

視線を感じてふと横を見ると先ほどの2人が離れたところからこっちを見ている。

ばらす訳にはいかない。

ゆっくりゆっくり巻いては、出し、巻いては、出し・・・を繰り返す。

やっと上から魚影が見えた!!!


体が座布団くらいの大きさの「エイ」であった。


尻尾までだと1メートルくらいはあるだろう。

どうしよう?

どうにもならない・・・

ここは柵があるので下まで降りて行くことが出来ない。

とりあえず寄せるだけ寄せようと、ラインのテンションMAXまで「えいっ!」っと巻き上げたところで、

プチンッ、、、とラインが切れた。。。

魚にはルアーをかけたままでかわいそうなことをしたが”エイ”が相手となるとさすがにお手上げである。


この模様を遠目で見ていた2人が私がばらした先のほうに向かってルアーを投げる、投げる、狙う、狙う。

おそらくシーバスだと思ったんだろう。

”エイ”だったんですけど~~~。汗


2シーズンにわたって狙ってはみたものの結局大物のシーバスはヒットしなかった。


なかなか難しいものだ。

唯一釣れたシーバスはというと・・・

④の突堤で釣れた貴重な一尾。

モンキーを置いて、堤防の先まで1km歩かなければならない。

ここへも結構足を運んだ。

その釣果が・・・



IMG_0151.jpg

これっ!

ちいさっ!20cm。

小さくてもスズキはスズキである。

狙った魚の4分の1のサイズである。

決して今ブレーク中のメダカではない。

スズキはいわゆる出世魚で関西ではセイゴ→ハネ→スズキとなるが、、、

それより小さい小さい、、、スズキの赤ちゃんであった。



IMG_0121.jpg
①のポイント・朝日とモンキー


朝のすがすがしさ、


夕暮れの静寂、


鳴り響く”ピィシュー、ピィシュー”というロッドを縦に振る音、


その中でのピーンと張り詰めた緊張感、、、


それを満喫できただけでも十分である。


まだまだあきらめたわけではない!!!



「永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。」



いつか80cmオーバーのシーバスを釣ってやる!!!



とりあえず「スポーツフィッシングKAKOGAWA15-16シーズン」(参加者1名)は幕を閉じた。





PS:ちなみに1枚目の画像の手で持っている魚が20cmのシーバスの赤ちゃんです。

   どアップで撮れば実物以上に迫力が出るんです!

   ばれてましたか?笑







著者 サラリーマンの大島義史氏 「会社員 自転車で南極点に行く」 本が届いた!!!とまらない好奇心! [entertainment]

IMG_0992.jpg
以前大島氏よりお土産でもらったペアグラス。今も大切に使っている。


本日待ちに待った本が届いた。

本を買うなんていつぶりだろうか?

覚えていない。

ワクワクする。

著者:大島義史氏「会社員 自転車で南極点に行く」

大島氏のブログ”とまらない好奇心”
http://yaplog.jp/nonstoprun/


正直、本を読むのは大の苦手である。

活字に弱く、目から入った文字の情報を脳まで伝達し理解するまで人の何倍も時間がかかる。

国語の成績もいつも悪かった。

高校生の時、読書感想文の提出の際、本を読み始めたものの、1ページで挫折し、

「何が書いてあるのか全く理解不能で読むのを途中でやめました」

の1行だけ書いて提出したら、職員室に呼び出しを食らった。

私は事実をそのまま書いたつもりだが、先生は”自分は生徒になめられている”と思ったのだろう。

長々と指導されたが何を言われたのか全く記憶にない。


そんな自分が本を読む。


1ページ、1ページ、ゆっくりとかみ締めながら、味わいながら、、、字も大きいし、読みやすい。

きれいな写真がすばらしいし、ありがたい。

読み切るまで時間は要するかもしれないが、大島氏のこの偉業、集大成を読みきってしまう時が来るのが、

すべてが終わってしまうようで、複雑な心境なのである。



既に、読み切りたくないという気持ちになっている。



これからも更なる偉業にチャレンジして欲しいという願望が先走るのである。







生ブログアップ!ブンデスリーガ第8節インゴルシュタット戦3-3ドロー・アウェー・ドルトムント・香川真司・評価!!!!!  [football game]

nama1.jpg

2016年10月22日・日本時間22時30分キックオフ予定のFCインゴルシュタット vs ボルシア・ドルトムントの試合を、

ブログで生でアップしようと思っております。

テレビで見れない方、ネットで見れない方、経過や結果をいち早く知りたい方、、、是非ともごらんあれ!

まー普通は試合経過発信のサイトとかツイッターとか2ちゃんとか他にも私の知らないいろんな手段でも見れるのでしょうが・・・

今時フェイスブックもやらない、LINEもしない、アナログ人間の私はブログでやります!!!

TVを見ながら、書いて、その都度更新しての繰り返し、、、タイムラグもありいかにも馬鹿馬鹿しい事をやります。

試合内容の半分もお伝え出来ないと思いますし、自分自身もゆっくり楽しむ事も出来ません。

今のご時世、一般の方でも様々な分野で緻密な計画を立ててきちんと偉業を達成する方もおられます。

そんな中、こんな馬鹿馬鹿しい事をやる唯一無二の人間だと自負しております。笑

ボキャブラリーがないため普段の記事と大差ないと思います!爆

ここに書き込みます!!!

それではキックオフまで今しばらくお待ち下さい・・・



「ブログランキング」と「ブログ村」に参加中です!
1日各1回ずつクリックしていただけると、非常にうれしいです!
よろしくお願いします!

↓↓ ここをクリックして下さい↓↓



↓↓ ここもクリックして下さい↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ

クリックしていただいた皆様方、ありがとうございます!!!



18時46分更新
さーーー皆さんこんばんわ。ブログの主ことヤマピーです。
今夜の解説はヤマピー、実況もヤマピーでお送りします。
今夜の試合はドルトムント対インゴルシュタット戦です。
前節昨シーズンから1部に昇格し好成績を残したと思ったら、早速レッドブルはライプツィヒに監督を引き抜かれ、
現在最下位となっておりますが決して侮れません。

カストロ選手が戻ってきたようです。香川選手は帯同しておりますが体調的には今一つと言ったところでしょうか?前節のCL戦の疲れが残っているか、もしくは大好きなコーヒーを飲みすぎたせいかもしれません。

試合までもうしばらくありますのでここで晩御飯を食べたいと思います。
・・・



20時35分更新
ご馳走様でした。今夜はアウェーなのでハイネケンではなく発泡酒で餃子をいただきました。うまっ。
発泡酒&餃子は最強の組み合わせです。

テレビでは「脳の休息法」というのを紹介していますが、
私的には「脳を使いながらと同時に脳を休ませる方法」というのを発明して欲しいです。
ノーベル賞物だと思います。

一服しましたので風呂に入って来ます。
どこ見てんのよ~!
・・・



22時15分更新
長風呂でついうとうとし危うくおぼれそうでした。アップップ。
晩酌しながらの観戦&ブログアップなのでおそらくアップアップとなりますことをご了承下さい。
スタメン発表!書くのがおそっ!(ペコリ)もうすぐ始まるし!
予想とは異なり、
キーパーはビュルキ選手に代わってバイテンフェラー選手。
サイドバックはパスラック選手に代わってパク選手。
ゲッツェ選手に代わって香川選手。待ってましたーーー!!!
プリシッチ選手に代わってラモス選手。
フォーメーションはわかりません。
おそらく4-1-4-1でしょうか?
・・・


あらら始まってもうた・・・


22時30分更新
キックオフ
オバがキャプテン
予想通り4-1-4-1
やはりハイプレスできた
開始6分
FKからの相手のゴールが決まる。0-1
ディフェンス最低
カストロのFK枠外
デンベレ縦パスが雑
FKからの相手のオバーヘッドシュート
セーブ
デンベレミドルシュート
セーブされる


15分更新
ん???オバとラモスの2トップ気味
新しい形を試している
相手が最下位と言うことでなめてかかってるか
こんな時に?
シュメちゃんがいないのが痛い
左からの攻撃が出来ない
相手のミドルシュート
セーブ
デンベレ君トラップもへた
ファールする
FKからのヘディングが決まる。0-2
おいおいおい押されっぱなしだ
相手のファール
FK決まらない
カストロミドルシュート
セーブされる


30分更新
相手は攻守の切り替えが早い、堅い
ハイプレスが故キーパーへのバックパスが多い
デンベレの自由な動きがチームの動きを止める
相手のシュート
枠外に
FK
おしいオバはずす
なんか知らんがまた新しいフォーメーションを試しているようだ
もはや監督の娯楽か?
これがドルか?
客観的に見たら何ともしょぼいチームに見える
相手のシュート
監督はずーーーとベンチに座ったまま
結果なんかどうでもいいみたい
勝っても負けてもとりあえず試合さえ消化したらいい感じに見える
相手のシュート
セーブ
信じられない
押されっぱなし
これがドル?
苦手な相手なのかもしれない
実際負け越している
あっという間に・・・
前半終了


ハーフタイム更新
IMG_0990.jpg
前半ポゼッション


更新
後半開始
パクに代わってプリシッチ
3バックに
カストロミドルシューーーーーーート
枠外
やっと前線でボールが廻るようになった
前半とは別のチームのようだ
中に入っていたデンベレをサイドにはらせただけでこうもかわるものか
最初からそうしろよ!!!
監督さんよ!
カストロお疲れゲッツェ投入!
ゲッツェ、香川、デンベレ、、、誰かがオバのヘディングシューーーーーーーーーーーート!!!2-1

香川が一瞬ボールウォチャーになる
と・・・相手のシュートが決まる。3-1
またシュート、ポストに救われる

ちょっとまってくれ、このディフェンスって何???



65分更新
あかん
相手がボール持ったら点が入る展開だ
監督がやっと鼓舞し出したよ
今さら遅いんだよ
プリシッチアシストラモスゴーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーール!!!3-2
ラモスファールめずらしい
プリシッチファール
ドルがあせってきた

香川お疲れ!パスラック投入
ディフェンスが甘すぎたので固める
これ以上失点するわけにはいかない



75分更新
デンベレを中にいれた
こねてこねてこねるのはいいがパスの精度をあげてくれ
時間の無駄
しかもいつパスを出すかわからないから
ただ自分が前に行くことしか考えていない
敵を惑わすと同時に
仲間を惑わすデンベレ
ボールしか見ていない
視野がない
マンU行けば活躍出来るかも
この采配がどうなるか?
パスラックミドルシューーーーート
キーパー神セーブ、おしいっ



85分更新
ドルの時間
デンベレパスがつよいねん
ゲッツェシュートおしい
せめてドローに

アディショナルタイム4分
ピスチェクヘディングこぼれプリシッチゴーーーーーーーーーーーーーーーーーーーール3-3



残り1分更新
オバシューーーーーーーーーーート
セーブされる



おしまい



ふーーーっアップップ



オバ死んでいる



まさに死闘



ご覧頂きありがとうございました



むちゃくちゃせわしかったです



でも・・・むちゃくちゃ楽しかったです!!!



BVB B2.jpg
Siraidaより



BVB8-1.jpg