So-net無料ブログ作成
検索選択

フランクフルト戦ブンデスリーガ第12節1-2負け:天国から奈落の底へ・ホーム・アウェー・香川真司・採点・評価!!!!!  [~17 football game]

記事更新
トゥヘル監督は記者に対して答えた。 「シーズンを通して一貫性を欠いていて苛立たしいです」と。 はあ~~~っ???
一貫性のないのは自分だろう。
何言っているのかわかってるのだろうか???
もしかして「一貫性を欠いている」というのは選手のコンディションの事をいっているのか?
100歩譲ってそうだとしても、選手は機械じゃない。
テレビゲームの中の「駒」ではない。
生身の人間のコンディションを把握して調整するのが監督の仕事だろう。
練習中のコンディションが悪いからという”こじつけの理由”で、ベンチ外にするのは得意分野じゃん。
あなたの眼で見て、選手のコンディションを把握し、スタメンやベンチ入りを決めてるんじゃないのか!!!
あ~あっ。。。
前半はせめて10位以内をキープして欲しい。
後半に何とか挽回して欲しい。
頭痛いわ・・・

以上
...............................................................................................

香川選手もシャヒン選手もベンチ外。。。


続きを読む


ロイスの3点目!その真相は?UEFA16-17チャンピオンズリーグ・レギア戦・ドルトムント・香川真司・採点・評価!!!!! [~17 football game]


ロイス選手が3点目を決めたかと思われたチャンピオンズリーグ予戦のレギア戦。

UEFAはオウンゴールと判定した。
BVBはロイス選手のゴールであると、記事を訂正しない。
この場合やはり公式の方の判定が記録として残るのであろう・・・

何度も何度もゴールシーンを繰り返して見てみた。

パッと見はロイス選手がゴールを狙ってシュートし、相手DFに当たり(赤の×)コースが変わり、ゴールに結びついたように見える。


私は思う。
もしかしてロイス選手はゴール前にいた香川選手や左から走り込んできたオーバメヤン選手にアシストのパスを出したかったのではないかと・・・(青ライン)
仲間に点を取らせてあげたかったのではないかと・・・
それが、くしくも相手にあたり偶然入ってしまったのではないか・・・と。。。


相手DFとの距離が近すぎてコースがわかりにくいが、シュートというより、パスを出したように見えないこともない。
蹴ったボールの角度から、ゴールを狙ったのではなくパスを出したのだ(赤ライン)、、、とUEFAは判定を下したのでは???

ゴールが決まってからのロイス選手自身が首をかしげているし、うれしそうでもない。
ハットトリックが決まった後のリアクションには程遠い。。。
自分の意図することと違う結果になってしまい、満足していないようにも見える。
本人はゴールを狙ったと言っているようだが、、、それは”照れ隠し”で言っているのではないか・・・

となるとやはり、、、怪我明けに3点目を取れたはずであろう場面で、仲間のことを思い、
仲間に点を取って欲しくてアシストのパスを出した・・・と考えられないこともないだろう。
それにしてもちょっとくらい大目に見てくれよ~~~UEFAさん、、、オウンゴールはないだろう。。。

何ていい奴なんだ!!!

何と仲間思いな奴なんだ!!!

結果、記録なんてどうでもいい!!!

ロイス選手のその優しさにまたまた感動してしまった!!!


これだからドルはたまらない!!!


また、ちょちょぎれそうになったのであった。


「ブログランキング」に参加中です!
応援していただけると、非常にうれしいです!
よろしくお願いします!
ここをクリック
して下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓

ありがとうございます!







UEFA16-17チャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節レギア・ワルシャワ戦8-4勝利:ホーム・ドルトムント・香川真司・採点・評価!!!!! [~17 football game]

記事更新
「UEFAの公式MOMに香川選手が選ばれた。
明日残り8試合行われるが、今日行われた8戦中すべての中でのMOMだ!!!」
・・・というのは誤報でした。

MOMは2アシスト2ゴールのロイス選手でした。
この試合のMOMがロイス選手であることはUEFAのHPですぐに確認出来ておりましたが、
先に行われる8戦中の中でのMOMが香川選手という書き込みを未確認でアップしてしまいました。
単発の試合でのMOMより8試合でのMOMの方が格上だと思ったからです。
そもそも”先に行われる8戦中の中でのMOM”というのは存在するのでしょうか???
うれしさのあまり舞い上がってしまい、未確認の情報を書いてしまいすみませんでした。

以上


ロイス復活の日!!!
ロイスが帰ってきた!
待ちくたびれたぞーーー!

UEFA16-17チャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節レギア・ワルシャワ戦。

雨が降っている。
香川選手はどういう訳か雨の日は調子が悪い。
果たして今節の結果はいかに!!!


試合開始。


「ブログランキング」に参加中です!
応援していただけると、非常にうれしいです!
よろしくお願いします!
ここをクリック
して下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓

ありがとうございます!



続きを読む


デア・クラシカー・バイエルン戦ブンデスリーガ第11節1-0勝利!!!:・ヴァイグル君やったね!とうとう夢が叶ったね!!!ホーム・ドルトムント・香川真司・採点・評価!!!!!  [~17 football game]


うれしすぎて記事が書けない・・・

いつもと違う。
どう書いたらいいかわからない。
たとえば・・・
旨い物を食べた時は”うまいっ!”と自然に口に出る。
旨くない時は”初めて食べる味です”とか”変わった料理ですね~”と遠まわしに”おいしくない”と言ってしまっている。
”おいしいです”とは言わない。。。
あまりいいたとえではないか???
んーーー。。。
とにかく”うまいっ!”をいかに表現したらいいか困っているのである。

これぞ”にわかファン”。
サッカーに関して何の知識もない、経験もない。。。
しかもボキャブラリーのない証拠。
感情を伝えたいが、うまく書こうと思っても書けないものは書けない。

とにかくうれしい。
ただただうれしい!
時系列で書くか、、、感情だけを書くか。。。
これまでのように普通に書けない程うれしかったのである!!!


「ブログランキング」に参加中です!
応援していただけると、非常にうれしいです!
よろしくお願いします!
ここをクリック
して下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓

ありがとうございます!


ドルは3-1-4-2、、、また変わった事をやってきた。
2トップだ!
だから予想スタメンなんて”適当”なんだって・・・
私はそれを見ないことにしている。
香川選手はベンチスタート。


試合開始と同時にデッドヒート!!!

攻守共に今日のドルはいつもと違う。
早いっ!!!

11分、いきなりチャンスがやってくる。

オーバメヤンのヒールパスをピシュチェクがゲッツェへ。

ゲッツェがフンメルスの股抜きでオーバへスルーパス。

オーバのTO------------------R!!!1-0

この1発が試合を決めた!!!

ラモスもしっかりこぼれ玉への準備をしていた。

今日のパフォーマンスは”腕立て伏せ”!ミュージシャンの友へささげる!

バルトラ君、足が速い!
要所要所で効いていた!

リベリとフンメルスへのブーイングがすごい。
今はもうゲッツェへのブーイングは皆無。
ブーイングどころか拍手喝采で送られる。

シュメちゃんがファールを受け立てなくなり、試合中断をアピールするもバイヤンは続行する。
そのプレーに対して、選手同士が揉め合う。
カストロが熱い。

パパがリベリを落ち着かせる。
パパはまるで牧師さんのようだ。
そうするとリベリがおとなしくなったのだ。
パパを抱きしめている。
あのリベリもパパにはかなわない。
一体いつも何と言っているのか???
不思議なパワーでも持っているのか・・・笑
いつもパパは笑かしてくれる。

結局ラモスとリベリがイエロー。
少しずつ選手が戻ってきたと思った矢先、、、シュメちゃん、、、大丈夫か???

ドルのジェームスディーンことドゥルム君が久々の登場!
半年振りだ!

ラーム選手!お疲れさん!好きな選手だ!


はいはい、早く終われ、、、このまま終われ。。。


試合終了~~~!!!


やったーーー!!!


勝ったぞーーー!!!


監督さん。
もうわかっただろう。

若手のお試し期間はもう終わりだよねーーー。
モル君やデンベレ君を同時に使うのはやめて欲しい。
もう少し馴染んでからにして欲しい。
チームがまとまらない。

仲間が振り回されるだけなんだよ。

香川選手がフンメルス選手にタッチ。

シャヒン選手とフンメルス選手。

パパとフンメルス選手。
こんなに笑ってていいのか?笑
皆に愛されているフンメルス選手。

カストロ選手とボアテング選手。
ハグする2人。

とても和やかでいい!


ヴァイグル君やったね!とうとう夢が叶ったね!あのバイエルンに勝ったんだよ!!!
バイエルンをやっつけるのが夢だったヴァイグル君。
今日のお酒は美味しかっただろう。


ビュルキ選手がレバ君との接触の際、手を骨折していたようだ。
何度見てもどのシーンかわからない。
それらしいシーンはあったことはあったが。。。
回復には約2カ月かかるとのこと。
今節好調だっただけに非常に残念である。
最後までよく頑張ったぞ!!!


ドルはバイエルンに対し、ブンデスリーガで2014年4月以来の勝利!パチパチパチ!!!

負けたらバイエルンに勝ち点9差をつけられるところだったが、勝ち点3差まで詰め寄ったものの、、、
な・な・なんと、その上に勝ち点3差でライプツィヒが首位に立った。

かろうじて3位になったドルトムントだが、首位のライプツィヒとは勝ち点6差。
ライプツィヒ、バイエルンに次ぎ、得失点差で5チームが並ぶという混戦になってきた。
こりゃー目が離せない。

しかしどうしたミュラー選手。
昨シーズンはリーグ戦だけで20点も決めているのに今だ得点0とは信じられない。
レバ君も7点だし、、、ついてないのかな~、、、それともゆるんでるのかな~~~???


香川選手もブログをアップしている。
試合にも勝ったし、よっぽどうれしかったようだ。
”ベンチにいたらいろんな勉強になる”と・・・
前向きである。
よかった。

原口選手がわざわざ香川選手に会いに来てくれた。
相手を思いやる気持ちがそのまま行動に出る。
自分に余裕がある証だ。
とっつきにくそうな原口選手だが、めっちゃいい奴そうだ。
会いに来てくれたのは、もちろん香川選手が”いい奴”だからだろう。嬉
飲みすぎたのか・・・目がトロ~ンとなっている。笑


目と言えば、、、話は飛ぶが、、、
人は目を見たら、ある程度何を考えているかがわかる。
やべっちは香川選手のことが好きではないはず。
でもその事をわかっていない人がいる。
それが不思議でならない。

どう見ても、「俺はお前が好きじゃないんじゃ」と顔に書いてある。
誰が見てもわかることと思っていたのだが。。。

解説者でも選手の好き嫌いはある。
でもプロである以上、解説中に私情を挟み過ぎるのはいかなるものかと思う。
金田氏や清水氏、のように。。。

その点、戸田氏や福西氏はそれを表に出さず、プロとして仕事を全うしている。

えらいと思う。


シュメちゃんは何とか無事だったようだが、ドュルム君がまた膝の調子が疑わしいらしい。
ちょっとしか出ていなのに、大丈夫か?
まだ若いのに、、、可哀想である。


とにかく勝ち続けるしかない!


負けるわけにはいかない。


バイエルンが不調のこのチャンスを逃す手はない。


今日のハイネケンは最高に旨かった!!!


星3っつ~~~★★★!!!(めざせ!エンブレムの上の星の数3個目を!!!)






サラリーマン冒険家”大島義史氏”関西テレビ「桃色つるべ」に出演!!!笑福亭鶴瓶×ももいろクローバーZ!!! [entertainment]


毎週金曜 深夜1:25~1:55に放送中の”関西テレビ「桃色つるべ」に,、
サラリーマン冒険家”大島義史氏が11月18日(金)出演した。

個性豊かでちょっぴり濃~い関西の人々が、スタジオで鶴瓶&ももクロとトークする番組!


番組内容。
会社勤めをしながら世界24カ国、約10万キロを自転車で走破!
すごいことをやりつづけている一方で、冒険家とは思えないほどよくしゃべる!
南極での死の恐怖やタイでの強盗のエピソードなども面白おかしくしゃべりまくり、ももクロ大爆笑!
さらに彼のような「極地冒険家」はなんとももクロ好きが非常に多いと言い、目の前で生歌をひろうしてもらうと大興奮!
その結末は・・・!?


感想レポート・・・

「死ぬ手前、極限の時こそももクロを聴きたくなる!」と。

テレビを見て思っていたよりもみなさんとの距離が近くて緊張しましたが、ももクロの生歌が聴けて本当に感無量です。

ももクロのことは結構前から知っていたんですが、聴きはじめたのは最近です。
実はアイドルにそんなに興味を持っていなかったのですが、2~3年前から冒険が苦しくなったときにアイドルの曲を聴くと元気が出ることがわかりました。

独身のときは冒険家は死んでナンボみたいな考えがあったので、死にそうな状況になっても意外と冷静だったのですが、今は家内や娘がいますから、生きたいと思ってしまいます。

外はブリザードが吹き荒れて、暗くて寒くてお腹が空いて喉が渇いてもう動けない・・・という極限状態のとき、それとは正反対の曲を聴いて無理やりにでもテンションを上げるんです。
そのとき聴くのがももクロやアニソンです。


自転車の旅は苦しいが99%、楽しいが1%ですけどそれでもやめられません。
仕事も自転車の旅も自分への挑戦。
自分にとってできないことへの挑戦なんです。
今、自分にとって一番できなさそうなことをやるのが冒険的な旅の本質だと思います。

でも家内が旅のために節約していることをあんなに不満に思っていたなんて・・・。
週末は家内や娘に付き合ったり、近場ですが旅行にも連れて行ったりして還元していたつもりではあるんですが・・・。
僕はこれ以上家内に何かしてあげられるのでしょうか・・・。

来世で不動産王になったら、まずは、オリエンタルランドを買おうと思います!

.................................................................................................................................................................

彼の魅力はと言うと、とても腰が低いところである。
決しておごる事はない。
決して上から目線で物を言うことがない。
そして、あらゆる物に対しての価値観というものをしっかりと把握しているところである。

以前ニュース記事で書いたこともあるが、彼は東大卒、灯台ではなく、、、東京大学出身である。

昨今、東大や~、京大や~、とそれを肩書きにクイズ番組やバラエティー番組などに出てくる人がやたら増えている中、
彼にはそれを表に出そうという考えは毛頭ない。

家庭を持つ一人の人間、一サラリーマン、一サラリーマン冒険家として日々挑戦し続けている。

私がもし、東大卒だったら、、、「東大卒・サラリーマン冒険家」と必ず言うだろう。
その方が注目を浴びるからだ。

しかし、世の注目など彼にとっては何の価値のないもの。
自分の為、自分自身がどれだけ満足出来るかが一番なのだから。

注目度に関して言えば、助けてくれるスポンサーなどが付いてくれるかいなか・・・
ただ、それだけの価値しかない。
たとえ、注目されていなくても彼の熱意やIQの高さ、これまでの冒険家としての経歴で十分スポンサーは付いてくれるのではないかと私は思う。

彼はサラリーマンではあるが冒険家。
命をかける冒険にとって、どこの大学卒なんて、全く無意味なことなのだろう。。。


でもやっぱり強靭な体と、頭が賢くなかったらあんなこと、こんなことは出来ないよな~。


最低でもまずは外国語がしゃべれないとな~~~。。。


それを日々、1分、1秒も無駄にせず努力して、克服し続けているんだもんな~~~。。。


・・・無理。


番組はオンデマンドで見れるとのこと。
http://www.ktv.jp/ondema/momotsuru/index.html


「ブログランキング」に参加中です!
応援していただけると、非常にうれしいです!
よろしくお願いします!
ここをクリック
して下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓

ありがとうございます!