So-net無料ブログ作成
検索選択

ワーゲンタイプ2が我が家にやってきたっ!(ら、いいな~)ワーゲンバス仕様ベッドルーム/Circu/BUN VAN/hitusa/移動販売車 [VW]

bun-van1.jpg
Circuホームページより

言わずと知れたドイツのフォルクスワーゲン・タイプⅡ???ちょっと様子が違う???

1950年代に生まれたこの車はいまだに根強い人気があり、コマーシャルやドラマなどおしゃれなシーンによく使われる。

移動販売車としても多く利用されている。

絵になる車なのである。


bun-van2.jpg
Circuホームページより

おもしろい物を見つけた。

エンジンレスの動かないタイプ2。

と言ってもミニカーではない(笑)



bun-van3.jpg
Circuホームページより

な・な・なんと子供用のベッドルームなのである。

多少窮屈だが大人も寝れない事はないようだ。


bun-van4.jpg
Circuホームページより
お値段びっくり440万円。

きっと石油王などのお金持ちが発注した子供用のベッドルームなのだろう、、、大型液晶テレビ付き。。。


bun-van5.jpg
Circuホームページより

ポルトガルの「Circu」という会社が作っている。

よっぽど好きなんだな~~~。

う・ら・や・ま・し・い・な~(今日は”しらふ”なのですっと言葉が出る)

こんなのを部屋に置いて、テレビで世界中の観光スポットの映像でも眺めていたら、

毎日がバーチャルキャンピングカー生活だ!!!



bun-van6.jpg
bun-van7.jpg
bun-van8.jpg
hitusaホームページより

そこでだが、、、440万円出すのなら私ならこれを使ってDIYする。

移動販売車両の専門ショップ「hitusa」が作っている”ワーゲンバスFRPレプリカ”

タイプ2のボディーをFRPを使い忠実に再現したものでガワだけでお値段170万円。

価格表示がなかったのでTELしたら英語で話しかけられたので、片言で値段を聞いた「ハゥマッチ?」

よくこんなでかいものを型取り出来たものだ。


これを使ってお値段以上~ニトリ~( ホントはお値段並~のニトリ~らしい・・・そこに勤務していた者から聞いた話だから間違いない。 )の5万円のベッドを組み込み、タイヤを置いたら175万円+αくらいでベッドルームが出来るんじゃないかな???

それとも本物の中古のワーゲンタイプ2を195万円で探し、ニトリ(別にニトリでなくてもいいのだが・・・)の5万円のベッドを置いたら200万円+αで出来る。

それでも「Circu」のそれからしたら半額以下だ!

って金銭感覚おかしくなってるやろ・・・


でもやっぱりタイプ2はかわいい。


”ビルトインガレージ”ならぬ”リビングインキャンピングカー”だ!


リビングでこの中で子供を寝かしつけた後、お酒でも飲みながらずーっと車を眺めてるんだろうな~~~。。。



s-2010080120001-1.jpg
2010年8月撮影

話は変わるががワーゲンバスの移動販売車と言えば”Capanna Coffee Bus”さん。

おいしいワッフルをご馳走してくれる。

8月6日ロードショー:生田斗真・主演映画「秘密 THE TOP SECRET」にも出演されたようである。

最近、結構な頻度で加古川で出店されているようだ。

連休中は、「フォルクスワーゲン加古川 グランドオープン」でワーゲンのディーラーにおられるようである。


チャンピオンリーグの予戦でボロ勝ちしてよっぽど気分をよくしたのか、食生活の管理にも厳しいあのトゥヘル監督が、

熱い熱いドルの練習場にアイスの移動販売車を呼んで、ご褒美として選手達にアイスをご馳走したらしい。

ドイツでもワッフルやアイスの移動販売車が結構走っているとな・・・”ブンデスリーガ ドイツの反応さん”情報!

最近、知ったことだが”ブンデスリーガ ドイツの反応”さんは男性とばかり思っていたが何と女性の方だったのだ!!!

いやいやこれは意外だった!!!


VWではないが香川がドイツで乗っている「Audi R8」

2200万円な~~~り~~~


以前、無免許運転でお叱りを受けたドルトムントのロイスもちゃんと免許を取得し、「アウディQ7」を購入した。

アウディのRV車だ。

1000万円な~~~り~~~


やっぱり車は信頼できる日本車かドイツ車。


VWはちと不祥事もあったが・・・


品質の信頼度にはかわりないから・・・


大目に見ることに。。。。


でもさすがに「Audi R8」にベッドを組み込み快適に熟睡することは不可能だろう・・・(笑)







ESB Spunky TYPE-2 L300 ESBスパンキータイプ2 ダイハツ オプティー エアロ カスタム /VW フォルクスワーゲン/4分の3サイズ ニュービートル(笑)CLS/Parasite/ [VW]

k20100401 314.jpg

10年前の画像の整理

ESB Spunky TYPE-2



k20100401 236.jpg

ベースはオプティ



k20100401 248.jpg

とことんいろいろいじる



k20100401 325.jpg

ダミーフォグランプ



k20100401 319.jpg

アルミ&サス



k20100401 234.jpg

ミラジーの用のキャリアに自作のウッドを



k20100401 324.jpg

ダミーリアランプ



k20100401 239.jpg

内装はアイボリーで統一



k20100401 240.jpg

好き勝手やる



k20100401 323.jpg

オリジナルっぽくこだわる



k20100401 333.jpg

いろんなイベントにも出展



k20100401 335.jpg

キャンギャル持参で(笑)
これ電動カーである
会場内をうろうろさせたらこの車が一番注目を受けていた事実



k20100401 338.jpg

カスタムカーやオートクラインなど雑誌にも3回掲載された


ESB Spunky TYPE-2 スパンキータイプ2
http://www.esb-style.com/aero-parts/o-aero.html


ESBホームページ
http://www.esb-style.com/




BUG IN MIKI LAST to Capanna Coffee Bus ワーゲンバス Type2 VW/三木市 [VW]

kk20101031 001.jpg


ワーゲンバスのミニチュアに手を加えペン立てとして使っている。



今日はワーゲンのイベントを見に"かじやの里メッセ三木"へ。





kk20101031 002.jpg

Capanna Coffee Busカパンナさんに会いに出向いてきた。





kk20101031 002k.jpg

私がワーゲンに初めて出会ったのがこの黄色いビートルと同じタイプ。





kk20101031 002kk.jpg

30年前の18歳の時。





kk20101031 004.jpg

友達男女4人で”のこの島”の見える海へ。





kk20101031 006k.jpg

その時ご令嬢の女友達が乗っていたのが黄色いビートル。





kk20101031 007.jpg

女の子なのに左ハンドル・マニュアルシフト・ノーパワステ。。。

もちろんエアコンはない。





kk20101031 010.jpg

今思うとなんとまーいとも簡単にあやつっていたことだろう。





kk20101031 011.jpg

一人降り、二人降り、最後二人だけになった。





kk20101031 015.jpg

彼女は言った。

「夜景を見に行こうか?」

私は答えた。

「よかよ」





kk20101031 016k.jpg

私の下宿の近くの小高い丘まで登って行った。





kk20101031 020.jpg

星がきれいだった。





kk20101031 020k.jpg

彼女の横顔もきれいだった。





kk20101031 020k-1.jpg

「えっ?」・・・





kk20101031 021.jpg

「んっ?」・・・





kk20101031 023.jpg

・・・しばし沈黙・・・





kk20101031 024k.jpg

・・・
・・・
・・・ここから先は私の記憶の中だけに留めておこう。





kk20101031 026.jpg

それからワーゲンの本をいろいろと見ているうちにワーゲンが好きになった。





kk20101031 026k.jpg

美しい曲線美。





kk20101031 027.jpg

なんとも愛嬌のあるかわいいスタイル。





kk20101031 028.jpg

なんともおしゃれな車。





kk20101031 029k.jpg

まさに芸術品と言ってもいいであろう。





kk20101031 029k-1.jpg

ワーゲンにもいろんなタイプがあるが。。。





kk20101031 029k-2.jpg

やっぱり私はこのバスが一番好きだ。





kk20101031 030.jpg

この絶妙なサイズ。





kk20101031 031.jpg
kk20101031 031-1.jpg

軽自動車のミニバンと普通車のミニバンのちょうど中間くらいのサイズ。

小さくもなく大きくもない。

このサイズが何ともいえないのである。





kk20101031 031-2.jpg

何十年を経ても元気に走っている。





kk20101031 032.jpg
kk20101031 033.jpg
kk20101031 036.jpg

見た目はボロボロかもしれないがその味がまたいい。

中にはエアブラシを使ってわざとサビてボロボロになっているようなペイントしているボディーもある。

パッと見ではわからない職人技。





kk20101031 039k.jpg
kk20101031 038.jpg
kk20101031 037.jpg

今欲しいものは?

と聞かれたら・・・

「ワーゲンバスとブス犬」

と答えるかもしれない。





kk20101031 044.jpg

興味のない者からしたらただのボロ車。





kk20101031 045.jpg

しかしこの雨の中、老若男女問わずものすごい人であった。





kk20101031 047.jpg

10年間続いてきたこのイベントもスポンサーの協賛が集まらず今回で最後になると言う。





kk20101031 048.jpg

全国各地から500台近くの車がエントリーする。





kk20101031 049.jpg
kk20101031 049-1.jpg

バスは家族連れの方々が多かった。





kk20101031 050.jpg

旅の疲れも知らず子供はバスの中でうれしそうにはしゃいでいる。





kk20101031 052.jpg

メイン会場のホールではゲストの片山義美さんがイベントの存続について熱く語っていた。

彼は伝説の名レーサーでロータリーエンジンの生みの親でもある。





kk20101031 053.jpg

このようなイベントもそうだが最後だからと見に行くのには理由がある。





kk20101031 053k.jpg

運航休止になるたこフェリーに乗りに行くのも一緒である。





kk20101031 054.jpg

何とか存続できないものか・・・





kk20101031 055.jpg

私たちに出来ることは何かないのか・・・





kk20101031 056.jpg

必要としている者、ファンは

こんなにたくさんいるんだよ・・・

というのをアピールしたいが為に出向いている。





kk20101031 057.jpg

私が出来ることはそれくらいのことしかない。





kk20101031 058.jpg

結果はどうであれ

やはり最後はこの目で見ておきたい。

やはり最後に乗っておきたい。

気持ちは同じであろう。





kk20101031 059.jpg

続けて欲しい・・・

誰よりもそう願っているのはワーゲンオーナーの方々だろう。





kk20101031 061.jpg

日本中から

フェリーを使ったり、トコトコトコトコ何時間もかけて走ったりしてくるのだから。

・・・

・・・





kk20101031 062kk.jpg

ナンバープレートも当時のままであった。





kk20101031 063.jpg

「埼」と書いてあるのは埼玉ナンバー





kk20101031 065.jpg

「石」と書いてあるのは石川ナンバー





kk20101031 068.jpg

「兵」と書いてあるのは兵庫ナンバー





kk20101031 069.jpg

「熊」と書いてあるのは熊本ナンバー





kk20101031 070.jpg

他にもいろんなナンバーがあった。






kk20101031 071.jpg

カパンナさんはメインホールの目の前に店を構えたいそう忙しそうだった。





kk20101031 071k.jpg

産休前の最後のお仕事。





kk20101031 072.jpg

それを一人でこなしていた。





kk20101031 073k.jpg

私はチョコバナナワッフルとコーヒーをオーダー。





kk20101031 074k.jpg

いつもの笑顔が見れた。





kk20101031 077.jpg

メインホールもオープンカフェから見ていた。





kk20101031 080.jpg

コーヒーをおかわり。





kk20101031 081.jpg

2杯目はまけてくれた。





kk20101031 082.jpg

チョコやラムネもいただいた。





kk20101031 082k.jpg

お店はお昼過ぎの30分だけの休憩タイムに入る。





kk20101031 083.jpg
kk20101031 084.jpg
kk20101031 085.jpg

控え室に入る前に

「ごちそうさまでした。」

”すみません。ちょっと休憩してきます。”

「それじゃまた。」

”ありがとうございました。”





kk20101031 086.jpg
kk20101031 088.jpg

一生懸命な人が好きだ。





kk20101031 090.jpg
kk20101031 091.jpg

自分もそうなりたい。





kk20101031 094.jpg

だからこうやって元気をもらいにやって来る。





kk20101031 101.jpg

ただの自己満かもしれないが・・・





kk20101031 102.jpg
kk20101031 103k.jpg
kk20101031 104k.jpg
kk20101031 105k.jpg
kk20101031 109.jpg

こうやって一生懸命な人、村、町、地域・・・





kk20101031 109k.jpg

自然と足が向いてしまう。





kk20101031 110.jpg

果たして来年もあるのだろうか?

それとも今回で最後なのか?





kk20101031 111.jpg





Thanks!BUG IN MIKI





コメント(12) 

Fu. ”Capanna Coffee Bus” 「縁がわCafe×Zakka」法華山ツーリング 「ふく蔵」銘酒「富久錦」ワーゲンバス Type2 VW [VW]

s-20101007 003.jpg



気持ちのいい秋空。



Fuelついでに???



もとい。

「Fu.」得るついでに法華山まで走りに行った。

(Fuelさんペコリです。)





s-20101007 001.jpg


今回は志方経由。

”Capanna Coffee Bus”さんの基地である「縁がわCafe×Zakka」を覗きに行くためである。

ここは月・火・水のみの営業。

現在は産休中。

限定のランチを食べることが出来る。 





s-20101007 007.jpg


休業中なのはわかっていたがもしかしてと思い行ってみると・・・

やっぱりあいつはそこにいた。

ワーゲンTypeⅡ。

しかも2台も。

いつもの移動カフェの白いバスと空色がもう1台。





s-20101007 002.jpg


おーなんとかわいいことよ。

ナンバーは1960。

おそらく1960年式ということであわせて付けたのだろう。

おしゃれだな~。

もっと見ていたかったがお留守のようだったのでこれ以上ウロチョロしていたら通報される。。。

と言うことで法華山に向かうことに。





s-20101007 016.jpg


ちょっと手前にある善防池で遊んだ。





s-20101007 017.jpg


”つくね”や”きりたんぽ”が食べたくなってきた。

”うまい棒”はもう堪忍して欲しい。(笑)

地蔵盆で子供がもらう袋の中に入っていて誰も食べずに売れ残りもったいないからいつも私が食べることに。

最近”うまい輪っ”というのが発売された。

味も”うまい棒”とほとんど一緒なんだが大きさがカールくらいの物が袋にいっぱい入っていて・・・

なぜだかそれはおいしいのだ。

って、そんなことはどうでもいい。





s-20101007 014.jpg


10月なのに気温30度を超えている。

暑い!





s-20101007 025.jpg


池の水位も低い。

普段ならここまで入れないのだろう。





s-20101007 030.jpg


善防池には遺跡があり、旧石器時代と縄文時代の石器、鎌倉時代とみられる建物跡も確認されている・・・らしい。





s-20101007 033.jpg


さーっ法華山に上ろう。

しかしまーよくこんなところにロードで来たもんだ。

急勾配に道はデコボコ。

凍結した際の滑り止めまで彫ってある。





s-20101007 034.jpg


ハイカーが多いので目を楽しませるための花が丁寧に植え込まれている。





s-20101007 039.jpg


いわゆる道路のてっぺんまで来ると頭上につり橋が現れる。





s-20101007 041.jpg


一瞬ではあるがハイカーになる。

つり橋の先には岩山が。

チェーンが下がっている。

ハイカー達はこの山を乗り越えていく。





s-20101007 043.jpg


つり橋から小野・三木・・・

最高の眺めである。





s-20101007 044.jpg


結構高いし、歩いたら揺れるのでちょっと怖い。





s-20101007 046.jpg


ここからの下りの道が好きなんだ。

短い距離だが快適に走ることが出来る。





s-20101007 047.jpg


あちこちに小川が流れ・・・





s-20101007 049.jpg


大きな池があり・・・





s-20101007 051.jpg


バーベキューしたら最高だろうが・・・





s-20101007 053.jpg


今は禁止になってるようで・・・





s-20101007 069.jpg


結構監視も厳しいようで・・・

保安課と書いた軽トラが2・3台いて私がウロチョロしていると、ずーっと付きまとって来るのである。

そんなに怪しかったかな~???





s-20101007 063.jpg


そう言えばこの山中の1本道をベビーカーに赤ちゃん乗せて散歩している若い女性とすれ違った。

「こんにちわ~」

と声をかけると

”こんにちわ~”



もしかしたらその女性が赤ちゃんをどこぞやにどうにかするかもしれない・・・

それとも私がなんぞするかもしれない・・・

ということでパトロールしてたのか???





s-20101007 072.jpg


保安課の軽トラがしつこいのでそろそろ去ることに。

「ふく蔵」へ。

銘酒「富久錦」の酒蔵に隣接している、お食事所&酒屋&ギャラリーである。





s-20101007 071.jpg


この時期限定のおいしいにごり酒を求めて。。。





s-20101007 073.jpg


残念ながら限定品のにごり酒は既に完売。

1年前から予約でいっぱいだそうだ。





s-20101007 075.jpg


そこで作りたての冷酒「Fu.」と酒まんじゅうをいただくことに。





s-20101007 076.jpg


酒まんじゅうはおいしかった。

ここでランチを食べるかどうか迷っていたのだが予測どおり結構にぎわっていた。

しかも奥様連中が多いときたもんだ。

いいご身分である。

面の皮の厚い私でもさすがに一人で食べるのはちょっと・・・



お昼は志方の「彦」で焼肉ランチを予定していた。

行ってみると表に大きな看板が・・・

「休:木曜・第3水曜」

なぜだ。

この前、鴨池行った時もそうだった。

また定休日男になってしまった。

焼肉屋は近隣にもたくさんあったが・・・

コンビニでPM3:00の遅い昼食。





s-20101007 084.jpg


この時期は稲刈り真っ只中。

ヒガンバナの道しるべや、コスモスももうすぐ満開。

その横でなんとひまわりが咲いていた。



何ともいえない季節感を体感した秋と思えない暑いポタであった。



晩酌で「Fu.」を一杯。

さわやかなりんごジュースのようなこの味。





そしてもちろん最後の一言はお約束の





「フーーーッ」





コメント(10) 

音だけの花火大会”Capanna Coffee Bus”ワーゲンバス Type2 VW [VW]

s-20100801 001-1.jpg


加古川は花火大会。



久しぶりに”Capanna Coffee Bus”さんが来られるという事で Micro Hurryでおじゃますることに。

いつ見てもかわいいワーゲンバス。

おいしいワッフルを焼いてくれる。

コーヒーがまたおいしい。





s-20100801 004.jpg


今日は移動キッチンのお店・スパイス☆キッチン”SANSARA”さんとのコラボ。

こちらは真っ赤なデリバリーバン。

ハンバーガー・オムライス・パスタ・カレーetc...





s-20100801 006.jpg


早速ワッフルを注文。

クーラーの効いていない暑い車内で焼いてくれる。





s-20100801 015.jpg


たつのバーガーも注文。

目の前でパテを成型し大きな鉄板で焼いたハンバーグでハンバーガーを作ってくれる。





s-s-20100801 013.jpg


出来上がるまでしばし歓談。

カパンナバスのオーナーは現在ご懐妊中。(このことは知っていた。)

しんどい時期は休業していたが何とか今は落ち着いているとのこと。

しかしこの暑い中、暑い車内での仕事。



”大丈夫ですか?”

「暑いのは全然平気なんです。慣れてますから!」

と満面の笑顔で答えてくれた。





s-s-20100801 014.jpg

今日はカパンナさんがSANSARAさんに声をかけての2台での営業となったようだ。

見ているだけでも何とも楽しい光景である。

学生時代を送った福岡には中州の屋台街というのがあった。

しかしこちらにきてからそれらしいものにめぐり合ったことがない。

形は違うもののこの移動販売車はなつかしい屋台を連想させてくれるのである。





s-20100801 005.jpg


もうすぐ花火大会が始まろうとしている。

目の前をたくさんの人達が右往左往する。



”わ~っ。かわいい車だ~”

”かわいいね~”

”キャー!なになになに・・・おいしそう~”

黄色い声が響きわたる。



「ワッフル出来ました。」

”どうも~”

「今から花火行かれるんですか?」

”いえいえこのまま帰ります。”

「ありがとうございました」

”また加古川に来て下さい!あと無事に赤ちゃんを生んで下さい!”

「ありがとうございます」



「ハンバーガー出来ました」

”どうも~”

「これお持ち下さい」

と、たつのバーガーのパンフレットやメニュー、出店要綱などなどを。

”また加古川に来て下さい!”

「ありがとうございました」





s-s-20100801 008.jpg


息子はここぞとばかり今日1日はねを伸ばしている。

娘は友達と待ち合わせ、花火を見に行った。

昨夜たいそう時間をかけて浴衣を裁縫しはりきっていたのだったのだが下駄をはいて2,3歩いただけで断念。

足が痛いとな。

浴衣にスニーカーを履くわけもいかないし。。。

結局、普段着で出かけていった。



しばらくすると花火の音が聞こえてくる。

”バッーン”

”パラパラパラパラ”

”ヒュッーーーン”

”ドッーーーン”

”パラパラパラパラ”





s-s-20100801 009.jpg


でしなにかみさんの一言があった。

「自転車、外で乗ってくるんだったらリビングに置かんどってよ!!!」

と・・・



”お土産買って来たぞー”

「何々?たこ焼き?何々?何々???」

”おいしいワッフルとハンバーガー”

「どれ?どこ?どんなん???」



と、かみさんがゴソゴソと物色しているすきをついて



Micro Hurryをもとあったリビングに戻そうと試みる。





「何しとん。汚れるから中に入れんとってって」

”ええやん。ちょっと走ってきただけやん”

「あかんよ~」

”かまへんかまへん”

「ちゃんと洗ったん?」

”はいはい。拭いた拭いた。拭きました~”

「ほんと~???うそやろ~???」

”ほんとやって”

(ほんとはタイヤを手で軽く払っただけである・・・)





”バチバチバチバチーーー”





「大声と火花」が花火大会の音までもかき消した。。。(笑)






コメント(6)