So-net無料ブログ作成

Porsche 356 MTBスリックタイヤPanaracerRiBMo ティーケーファー加古川 [VW]

s-090620 005.jpg

明日から本格的な梅雨入りということで近所をポタってみた。

やはりRiBMoは早い!


先日覗いてお留守だったので気になっていたところがある。
私は勝手にワーゲンおじさんと呼んでいる。
子供に近くの水路でザリガニ捕りをさせておいて立ち寄った場所。

そこがこのガレージである。

そこにはいつも車をいじっているおじさんがいた。
その車はポルシェ356である。

私が興味があったのはガレージの前に置いてあった緑のワーゲンバスのキャンピングカー。
LATEBUS westy POPTOPいわゆる屋根が持ち上がりそのスペースで寝泊りできる希少なTypeⅡである。
とにかくかわいい、楽しい、見ているだけでわくわくする車である。
値段を聞いてみると”値段は付けられない”と一言。
要は交渉次第ということだった。

”エンジンかけて乗ってみるか?”
また次の機会にお願いすることにした。
あれからあっという間に3年経った。
先日ポタッた時はバスは既になかった。


今日もお留守だったらガレージの前で写真だけでも撮ろうかなと・・・案の上留守。
じゃー帰ろうかな、と思っていた矢先、いかにもハーレーが似合いそうなお兄さんがガレージ前に参上。

小径折りたたみ自転車に乗って。
似合わない。。。
ガレージを開けようとしている。

「こんにちわ」
”どうも”
「以前なんちゃらかんちゃらで・・・」
”おやじ(義父)は2週間前に急逝しました・・・”
「えっ」

なんとも気さくなお兄さんでそこから長々と話し込んでしまった。

びっくりしたのはそれだけではない。

実はそのワーゲンおじさんが30年前から経営している「Tee Kafer/テー ケーファー」のオーナーだったということである。
なぜびっくりしたかというと、まだかみさんが学生時分このカフェがオープンして間もないころおしゃれな喫茶店が加古川に出来たぞーということで通い詰めていたところだったからである。

そしてワーゲンおじさん(オーナー)に”是非うちでバイトしてくれへんか?”とラブコールされていたのである。

かみさんと知り合ってからや、結婚してからもちょくちょく通っていた。
今はメニューから消えているがここのパンプキンケーキは絶妙であった。

そんな思い出のあるお店であったのである。
しかしその時は恥ずかしいからということでオーナーの顔を1度も見ていなかった。


なんだかんだ話し込んだ後、”ワーゲンおじさんジュニア”は颯爽と消えていった。

オーナーのことをかみさんに話したらさすがに”えーっ”とショックを受けていた。
聞けばまだまだお若いお年のようだ。
1回り上ぐらいかもしれない。

ふと夕刊に目をやるとダイムラーがポルシェを傘下に。

そのポルシェはワーゲンを既に子会社化している。

ポルシェ&ワーゲン繋がりの記事だが、そんなことはどうでもいい。


そうだ!
もうひとつショックなことがあった。
舗装路からこのガレージ前のジャリに乗ったと同時にすべってしまい足をすりむいてしまった。


いろんな偶然・奇遇というものは多々ある。
しかしこの転倒は偶然でもなんでもない。


砂利道、RiBMo要注意だ!!!










コメント(4) 

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
b.b.mk2

こんなところにこんな空間があったのは知りませんでした。
でもケーファーのオーナーということで納得。

旧ドイツ軍の名車キューベルワーゲンのレプリカも作られてましたよね。一時期、新聞やTVを賑わせてました。さすがにピンクのキューベルワーゲンに遭遇したこときは体中の力が抜けてしまいましたが、迷彩の必要もなく平和な世の中ってことかと納得できました。

TYPE 3やカルマンギアは置いてありませんでしたか?このあたりの車の造形美はすばらしいですよね。どうあがいても日本車には太刀打ちできない。唯一スバル360くらいか・・・。TYPE 2やシトロエンバスはワタシも昔から好きな車です。古いFIAT500にはかないませんが・・・

2週間おくれですか・・・そんなものですね。
味わい深い記事にいい写真です。ありがとうございます。
by b.b.mk2 (2009-06-21 11:55) 

山P

なんだかんだありますがその時代からしたらホント平和な世の中です。
Kubelwagenレプリカは以前あの店で見かけました。
ガレージにはTYPE 3やカルマンギアはなく356が2台ありました。
それとお兄さんのハーレー。
ガレージを覗いているとなにぞ宝がころがっているのではないかとワクワクします。
さすがにずうずうしいのでそこまでは出来ませんでしたが・・・(^^

流線形というのはむずかしいようで、新幹線の鼻の部分は今でも職人さんの手でたたいて仕上げているのをテレビで見ましたがすごいですね。

山Pガレージもいつかこんな歴史ある味のある自転車だらけの男の隠れ家にしたいです・・・(^^
by 山P (2009-06-21 17:03) 

岩さん

そうですか良い話ですなあ、人生は各有るべきでしょう356は渋いねレストアしてるのかなあ。しかし山Pさん文章力有ります感心してます。でもロードに乗って欲しいなあ。それかスポルテーフで決めて頂きたいです。
僕も最近ここ3年ハーレーばかりですから自転車やらないとね。
by 岩さん (2009-06-21 17:36) 

山P

岩さん
コメントありがとうございます。
私は文章力がないんです。事実&思ったことをダラダラ書いてるだけです。
なかなか簡潔にかけません。
高校の時、”トンネルを抜けると・・・”の「雪国」の読書感想文を書く際に
「読んでもわけがわからないので途中で読むのをやめました」
と1行だけ書いて提出したら職員室に呼ばれました。
先生は完全に自分がなめられている、教師に対するいやがらせ、と思ったようで・・・
正直に思ったことを書いただけなんですが・・・

私はバイクは中型止まりでした。今はご無沙汰です。
CB250N、フュージョン、スティード、Dトラッカー・・・

大型までいきませんでした。さて自転車はどうなることやら。
by 山P (2009-06-22 22:58)