So-net無料ブログ作成

サーリークロスチェックのある風景Ⅰ [surly]

s-surly Cross-Check s-090921 016.jpg


近所を夜ポタ





s-surly Cross-Check s-090921 004-1.jpg







surly Cross-Check s-s-090921 007-1.jpg







s-surly Cross-Check s-090921 014.jpg







ハンドル周り

ドロップハンドルは握れるところが多い。

普段はブレーキの上にあるグリップを握りブレーキに指をかける。

前傾姿勢で風の抵抗をよけスピードを維持したり、坂の下りなどの際はハンドルの一番深い部分を握る。

自然な前傾姿勢をとることが出来る。

ハンドル上部のフラット部分にサブブレーキを付けたので、これまでのMTBのバーハンドルの感覚でも乗れる。

路地などの込み入った所などをポタするときはサブブレーキは絶対ほしい。

フラット部分を持った方が小回りが全然違う。

上体も起き上がるので楽になるし安心して乗れる。

傾斜のある所での信号待ちの際など無理なくブレーキングできる。

バーコンも不自由なし。

すぐ慣れる。





そんなにちょこまかシフトチェンジするわけでもなし。。。






コメント(2) 

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
b.b.mk2

ちょっと目をはなしている間に完成したんですね!
おめでとうございます。
「坂をのぼるのが心地よい」とな、
頼もしい限りです!
ガンガンのガンガンのガンガンガンにこの秋・冬・春・夏・秋は徹底的に走りまくりましょう!
コースをピックアップして連絡をお待ちしております。

ちなみにこのsurly関連記事は私のまわりで注目してる人が多いです。
by b.b.mk2 (2009-09-23 20:11) 

ヤマピー

b.b.mk2さん
ありがとうございます。
今までは坂を上るとき前傾姿勢で押し上がる、もしくは立ちこぎで全体重乗せてという感じでしたが
ビンディングを使うので気持ち前傾姿勢で、あとは足を後ろに回し引っ張り上げるというイメージでこぐと、おもしろいように上ってくれるんです。
びっくりしました。
b.b.mk2さんが乗ったら1日200Km以上は走れるんじゃないですか?まじな話し。。。
出来る限り参考になるようなコメントも書き込みたいと思います。
by ヤマピー (2009-09-23 21:29)