So-net無料ブログ作成

予期せぬ豊作 [family]

kk20101123 001.jpg

9月の頭に今年は酷暑で不作だったとあきらめていた自家菜園。

その中でプチトマトだけは今になっても異常な程の成長を続けている。



以前、たった1個しか採れなかったプチトマト。
http://kokundesdes.blog.so-net.ne.jp/2010-09-02#more



今やまとめてこれだけ採れるようになった。
   ↓   ↓   ↓
kk20101123 003.jpg



夏が終わり秋になっても茎はどんどん伸び続け、実もたくさん付き始めたがなかなか熟してくれない。

この状況を農家の方に相談する機会があった。

”あ~そりゃーチッソが多すぎや、リンが足らん。リンをよーけー足さなあかん”





kk20101123 006.jpg

野菜を育てるために必要な3大肥料は「チッソ・リンサン・カリ」

「窒素」は葉や茎などの生育に必須。

「リン酸」は花や実の生育に重要。

「カリウム」は耐病性、耐寒性を高めて丈夫にしてくれる。

とのこと。



余っていた”芝生用の肥料”を日々パラパラまいていた。

芝生には当然花や実がならないので野菜用のそれと比較するとリン酸の比率が低いのである。



そのことを知ってからリン酸の比重の高い肥料を与えること1ヶ月。

実は見る見る熟していき真っ赤な実へと変身していった。



トマトと言えば夏というイメージがあるが、実際は春~初夏と秋~初冬が旬であるらしい。

保温用のビニールをかけて秋まで栽培すると皮は硬いがメロン並みの糖度と旨味のあるトマトになるらしい。



適当おやじはまたひとつ賢くなった。



まだまだたくさんの実が熟していきそうなプチトマト。



トマトに含まれる”リコピン”はがんの予防効果もある。





当分はがんにならなくて済みそうだ!!!








コメント(8) 

コメント 8

コメントの受付は締め切りました
hayazou2002

おはようございます。
トマトの旬が秋から初冬とは
知りませんでした。
by hayazou2002 (2010-11-29 07:42) 

m

メロン並みの糖度になったのを
食べてみたいですね。
by m (2010-11-29 12:30) 

Fuel

ヤマピーさん こんにちは
これも策士の計らいか…
はたまた異常気象によるものか?
農家の人の助言は偉大なんですね(笑)
by Fuel (2010-11-29 12:48) 

Fuel

ヤマピーさん こんばんは
とりあえず今月市松模様達成セリ。
by Fuel (2010-11-29 23:47) 

ヤマピー

hayazou2002さん
どうもです!
何でも年中手に入る世の中。
勘狂うというか・・・
便利な世の中になった故
本当の喜び、真の感動というのは薄れていく一方なんでしょうネ。
by ヤマピー (2010-11-30 23:00) 

ヤマピー

mさん
どうもです!
霜が降りたら終りだそうです。
希少な喜びを実感出来そうです!
メロン並みの糖度になったプチトマトを使って
あるものを作る計画を練っております。
by ヤマピー (2010-11-30 23:04) 

ヤマピー

Fuelさん
どうもです!
私は実際この耳で聞いたこと・・・
実際自分の目で見たこと・・・
そういうものしか信用しないところがあります。
いろんな情報は簡単に収集できる便利な世の中ですが
やはり、実際携わっている人、
その土地土地で情報は異なってきますし。。。
by ヤマピー (2010-11-30 23:10) 

ヤマピー

Fuelさん
どうもです!
「こだわりの芸術家」?の
マニアックなお楽しみを実現していただき謝謝です!
このご恩はどうやってお返ししましょうか?
あと30分辛抱して下さい。
このやりとりの記事は先にアップしました!
ここで”落ち”があっても芸術品は保存しましたから・・・
何か・・・落ちが欲しいな~(笑)
by ヤマピー (2010-11-30 23:24)