So-net無料ブログ作成

我が家にSGがやってくる!!!ギブソンGibson/エピフォンEpiphoneエレキギター [hobby]

20130321.jpg

中坊・高校とバンドを組んでいた。

田舎じゃ不良と呼ばれていたさ(笑)

最近どうも虫が騒ぐ。

山下智久が「愛、テキサス」なんぞを歌うからだ。

懐かしいギターサウンド。

一度聞いたら耳から離れない。

単調なリズムがゆえついつい口ずさんでしまう。

発売当初、なんとへんてこな歌なんだと馬鹿にされていた。

しかしそのセールスは、ファンがオリコンランキングに突っ走る一週間過ぎても維持し続けている。

いい歌だと認められた証である。

弾いてみたい。

耳コピしてみたい。



30年ぶりに手にするエレキ。



学園祭、夏祭り、卒業式・・・いろんなステージの思い出がよみがえる。



ギブソン・SGは、1961年に初めて発表されたエレキギターでレスポールの後継機種である。

製造コストが高いレスポールは50年代後半になると販売台数も落ち込んできた。

さらに、フェンダー社からテレキャスターが発売され、

フェンダー社がギブソン社から流れをもっていった感があった時期であった。

この時期ギブソン社が発売するギターが時代遅れと評価されていた。

ギブソンはレスポールが抱えるそれらの問題を解決するため、レスポールにモデルチェンジを施す。

それがこのSGである。



当時はレスポールの後継モデルだったので「レスポール」と名乗っていたが、

ギタリストのレス・ポール氏との契約が切れたため、現在の「SG」という名称になった。

それ以前のシングル・カッタウェイのレスポールと区別する為、

この頃のモデルは便宜的に「レスポールSG」と呼ばれることもある。




パワフルな音圧を得られるレスポールに比べ音は軽いのだが中音域に粘りがあり「ジャキッ」としたサウンド。

ロック向けなエレキギターと言える。

クリーン・トーンもハム・バッキングのピックアップにしてはクリアでキレイなサウンドが得られる

(特にフロント・ピックアップを使用した場合)。

パワーがありながらも繊細な表現にも対応できる、

ハードロックよりはクラシックなロックに向いているギターかもしれない。




当初よりカスタム/スタンダード/スペシャル/ジュニアというレスポールと同様のラインナップが用意されたが、
カスタムのボディーカラーはそれまでのブラック・ビューティーからホワイトに変更。

スタンダードもサンバーストからチェリーレッドの単色に変更された。

私はやはりチェリーレッドがいい。




Led Zeppelinレッド・ツェッペリン。

Stairway to Heaven「天国への階段」

ジミー・ペイジに皆あこがれた。

”静かに始まって徐々に盛り上がってゆく長い曲”

これぞ永遠の名曲である。




Deep Purpleディープ・パープル。

Smoke on the Water「スモーク・オン・ザ・ウォーター」

誰もがコピーするほど有名になった。





あ~~~あっ。火が付いちゃったよ!!!