So-net無料ブログ作成

香川選手・日本代表親善試合シリア戦で左肩を負傷(左肩関節前方脱臼)!!! [~17 football game]

追記:

検査の結果、日本のメディアが報じたところによれば、3・4週間の離脱を余儀なくされる模様だ。

追記:

香川選手、13日のイラク戦、離脱決定。
せめてもの救いは、怪我が足ではなかった、ということである。


w0607.jpg

記事更新:
診断結果が出た。
「左肩関節前方脱臼」
全治・召集は不明。

それと久保選手。
なんか元気がないように見えたが、開始早々、20秒、相手のプレスが膝に入ったように見えた。
11分にも相手の膝と膝が接触して、痛がっていた。
痛みを我慢してプレーしていたのではないだろうか?
久保選手の事も心配である。

以上

・・・

再追記:

悲しみを通り越して、どんどん怒りがこみ上げてきた。
そもそもなぜこんな練習試合を、ガチのメンバーでやらなければならないのか?
怪我の予測など皆無だったのか?
13日の召集?
それは、考える余地もないことだろう。
メンバーからはずして他の選手を入れれば済むことである。
香川選手のポジションは本田選手に任せればいい。
起点にもなり、ボールもさばける、パスの上手い本田選手に。

7月に入ったら、ブンデスリーガ17-18シーズンが始まってしまう。
それまでには何とか回復して欲しい。
香川選手に、「出れるか?」と聞かないで欲しい。
彼は絶対に「出れます。」と言うに違いない。
医者の診断を第1とし、メンバーからはずして欲しい。
頼むから、香川選手に「出れるか?」と聞かないで欲しい。

前回の召集で足首を痛め、バス爆破事件でメンタルをやられ、そして今回の召集で肩を痛め。
ふんだりけったりだ。


一番怒っているのは私でもなく、ファンでもなく、香川選手でもなく、


BVBボルシア・ドルトムントの首脳陣である。


以上

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国際親善試合。
シリア戦。

13日に行われるW杯アジア最終予選のイラク戦を前に、選手のコンディションを確かめる試合である。

スタメン出場した香川選手。

なんと開始7分に相手選手と競り合い、倒れる際に、左手をついた。
上半身の全重量が、左肩にかかる。
そのままなだれ込むように倒れてしまうが、立ち上がれない。


顔がゆがむ。

相当痛そうだ。

担架に乗せられる。


そのまま負傷交代。


「ブログランキング」
「ブログ村」に参加中です!
応援よろしくお願いします!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓
   
   ↓↓↓↓↓↓↓↓
   ブログランキング・にほんブログ村へ


お・わ・た。

倒れた後、相手選手が手を差し伸べるも立てない香川選手。
様子を伺うスタッフの後ろで、立ちつくす相手選手。
一段落して、自ら相手選手に手を差し出し、立ち上げてもらう香川選手。
相手選手への気遣い。
紳士な香川選手。

ロッカールームで治療しているとのことで骨折までは到っていないようだ。
どうやら脱臼した模様である。
脱臼は癖になるという。
時間はかかるが骨折の方が完治するので、そちらの方がいい場合もある。

やはり、念には念を入れて病院でレントゲンを撮るべきである。
一刻も早く。
今すぐ。
ロッカールームで治療している場合ではないだろう。

どういうわけか分からないが、
香川選手が代表で試合に出ると怪我をする。
前回もそうだった。
その時は足首だった。
今回は肩。

運が悪いと言えばそれまでだが。

私は日本の協会の事をあまりよく思っていない。
代表で足首を痛めた後、その事には極力触れないようにして、
「香川不調」「香川出番なし」「香川ベンチ外」・・・
とただただ書き続けた日本のメディア。
おそらく圧がかかっていたのだろう。

今回、もし香川選手の復帰が長引き、似たような状態ならば、
前と同じような記事の書き方をする可能性大であろう。

以前、内田選手が足を怪我をしている時も、試合には出さないという条件で召集された。
そしてその内田選手を試合に使った。
走るのもおぼつかない内田選手を・・・
協会いわく、「日本のサッカーを盛り上げる為、人気のある内田選手を出した。」的な発言をした。
スポンサーがらみだったかな?

選手は、見世物か?
「出れるか?」と聞かれたら”出れます。”と答えるしかない。
それこそがプロ意識というもので、痛くても我慢して出るしかないだろう。


日本代表、ワールドカップに思い入れのある香川選手。
その思いが強すぎて、力が入りすぎて、一瞬のプレーがその後の試合を棒に振ることになってしまう。


だから、私的には代表には出て欲しくないのである。


怪我の状態を早く知りたい。


13日のイラク戦には間に合うのか?


ドルトムントに残るのか?
それとも移籍先は決まっているのか?
そんな大事な時期に何とも不運な結果である。


試合は1-1のドロー。
前半は全くといっていい程、機能していなかった。
後半本田選手、乾選手が入り、何とか形を作っていた。
出来ることなら、献身的にポスト役に徹していた大迫選手にも点を取って欲しかった。

本田選手はやはりパスが上手い。
乾選手はさすが、あのバルサから2得点しただけの技術がある。
絶妙なトラップ、目を見張るドリブル突破。


イラク戦に香川選手が間に合わないのなら、ボールをさばける香川選手の代わりを本田選手に託したらいい。


PS:香川選手は精密検査の為、病院に向かったようである。。。遅いっ!即効行くべきである。


「ブログランキング」
「ブログ村」に参加中です!
応援よろしくお願いします!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓
   
   ↓↓↓↓↓↓↓↓
   ブログランキング・にほんブログ村へ