So-net無料ブログ作成

【リーグ戦第5節】ハンブルガーSV戦!!!ボルシア・ドルトムント・ブンデスリーガ!!! [17-18 foootboll game]

20170922jpg.jpg

私の香川選手のスタメン予想は当たった。

ってBVB公式にも予想で書いてあるし。(BVBは正直だな~笑)

裏の裏のそのまた裏を書くこともあるだろう・・・笑

今節の相手はキャプテン酒井高徳選手率いるハンブルガー。

長い歴史で1部リーグでのお互いの対戦成績は、

過去100回で36勝28分け36敗の5分5分。

こんなことってあるんだ。

シャルケとの対戦成績もこれに近かったはず。

アウェイスタンドは青いユニホームに埋め尽くされ、

試合も白熱し、まさにルールダービーを見ているかのようであった。



そんな中、香川選手が今シーズン初得点を決めた!!!



ブログのランキングに
エントリーしています!
「ブログランキング」と
「ブログ村」に参加中です!
ポチッと応援よろしくお願いします!
ここを押して下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ここを押して下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
応援ありがとうございます!!!




ブンデスリーガ第5節
ハンブルガーSV vs ボルシア・ドルトムント
2017年9月20日(水)中央欧州標準時20時30分(フォルクスパルクシュタディオン)


試合結果
ハンブルガーSV 0-3(0-1) ボルシア・ドルトムント


メンバー
ボルシア・ドルトムント
ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、トプラク、ザガドゥ(ブルーン・ラーセン 84分);シャヒン;
カストロ、香川(ダフート 66分);ヤルモレンコ(フィリップ 66分)、オーバメヤン、プリシッチ

ハンブルガーSV
マテニア;ディークマイアー、パパドプロス、マフライ、酒井(ドグラス 48分);ワラシ、ユング;
ハーン、ホルトビー、サリホビッチ(バルトシュミット 70分);ウッド(ヤニチッチ 84分)


ゴール
香川(トプラク 24分)、オーバメヤン(ヤルモレンコ 63分)、プリシッチ(ダフート 79分)


試合内容
BVBは4-3-3。
相手は3-4-3。
ハンブルクがハイプレスできた。
そうきたら、BVBは強い。
開始8分、オーバメヤンがゴール前でプリシッチにパス。
シュートは惜しくもはずれた。
次の決定機は15分。
ヤルモレンコのクロスにオーバメヤンが合わせたものの、これはポスト直撃。
21分にはCKからピシュチェクがシュートしたがキーパーにはじかれた。
そして、その時はやってきた。
24分ヤルモレンコが右サイドから蹴ったFKをトプラクが落とし、
これに素早く反応した香川がネットに押し込んだ。
ここぞという所に、いつもポジション取りをしている結果が点につながったのだ。0-1
ハンブルクは右サイドから攻め入るが、クロスが合わない。
一番のビッグチャンスは左サイドからだった。
31分、ホルトビーがゴール前に入れたクロスにハーンが頭で合わせる。
しかしビュルキがナイスセーブではじき出した。
その後もシュートまでいくが、なかなかゴールを割ることが出来ない。
後半も前半とほぼ同様の展開。
ハンブルクのハイプレスは続く。
54分にはCKからマフライがシュートするもサイドネット。
BVBは引いて守ってカウンターという作戦を取っていたが、なかなか上手く繋がらない、
63分になってようやく、プリシッチ→ヤルモレンコの股抜きシュートするも、
相手に当たり角度が変わったところ、走り込んできたオーバメヤンが合わせ、ゴール。0-2
ハンブルクもあきらめず、73分にはハーンがサイドネットをたたく。
66分に香川とヤルモレンコを下げてダフートとフィリップと交代。
76分にシャヒンの絶妙なスルーパスからオーバメヤンがマテニアと1対1になったが、
カーブをかけた一撃は枠外。
おいっ!そこは決めないとだめでしょう。
ちょっと中に入り過ぎたようで、得意のチップキックも出来なかったようだ。
79分に締めのシュートが決まる。
ダフートのパスを受けたプリシッチがエリア内に持ち込み、
シュートをファーポスト内側に突き刺した。0-3

試合終了。

・・・
参照元:BVB公式HP編集


感想
とても内容の濃い試合だった。
ハンブルクがハイプレスで来るとは思っていなかった。
前半はなかなかビルドアップ出来ず、お互いいい勝負をしていた。
が、少しずつ、流れが変わってくる。
相手がイエローで止めざるをえなくなる。
イエロー1枚もらうことでもプレスが甘くなり、有利になる。
そんなちょっとした流れの変化が、試合の流れを変えてしまうことがある。
あと、香川選手がプレーする時はプリシッチ選手ではなく、ヤルモレンコ選手と組んで欲しい。
プリシッチ選手はまだ自分で行こうとする。
ワンツーで1回パスを出すだけで突破出来るはずなのに、
なぜ自分一人で行こうとするのか???
あまりにも続けようものなら、
香川選手に「渇」を入れてやって欲しい、、、無理か???。。。
いや、今の香川選手なら言えるはず。
前任のトゥヘル監督時代のことについて言及している。
「前任のトゥヘル監督は明確な戦術を提示するタイプだったので、
試合中に上手くいかなった時に、監督の指示を待ち、
選手が独自に判断して工夫することが出来ず、苦しんでいた部分はあります。
BVBは選手達のポテンシャルは高い訳ですから、
ピッチに立つ選手が自発的に取り組んでいけば、面白くなると考えています。」
参照元:Number欧州蹴球名鑑
香川選手、よくぞ言ってくれました。
これを待っていたんです。
この発言で、また一つ壁を越えました。
よく今まで堪えましたね!
要は「前監督は、選手ら自らの判断でプレーして活躍するのが気に食わなかった。」
という事なのだろう!!!
選手達はTVゲームの中の駒ではない!
香川選手がボールがなかなか回ってこないから、気を利かして自ら下がってボールを取りにいった時、
”カガワー、カッテニサガルナーーー”
と猛激怒したシーンは脳裏に焼き付いている。
自分が考えている戦術通りに、イメージ通りに選手達がプレーしなかったら、
その選手は干されていたということなのだろう。
まー監督の好き嫌いはどのチームでもあるだろうが、
香川選手がここまで我慢して、今になって発言したくらいだから、相当な圧力だったのだろう。
やれやれスッキリしましたヨ。

今シーズン、リーグ戦初得点よかったですね!!!

やはりメディアも記事にするには、ゴールを決めることが1番のようだ。
「スタメン」とか、「ベンチで出番なし」とかも同様。
書きやすいんだろうな~。
評価しにくい気の利いたプレー、ポジショニング、アシストくらいでは大した記事にはならない。
私としては得点もうれしいが、やはり香川選手ならではのトリッキーなプレー等を見れたら、
たとえ試合に負けたとしても、それだけで満足なのである。

なかなかおもしろい試合だった。
ハンブルガー、調子よっかったようだ。
やはり相手に引かれるより、このようなガチの試合の方が見ていて面白い。
ハンブルガーは最後の、ゴールを決めるか決めないかの所で、運がなかった部分もある。
高徳選手が後半早々交代した。
2回程、トラップミスなどがあったが、調子が今一なのか?
しかしこんなことでめげるメンタルの持ち主ではない。
頑張れ!キャプテン高徳選手!!!
元、柏レイソルU-18の20歳の伊藤達哉選手もベンチ入りは果たしたが出場機会はなかった。
見てみたかったな~。
ザガドゥー選手!いい!195cmだから動きが鈍そうに見えたが、そんな事はなかった。
一歩が長いのだ。後半エネルギー補給を2回程行っていたが、あの体であれだけ走ったら、
補給は必要だろう。ジェル状の物をすすっていたようだ。初めて見た。
あとシャヒン選手とピシュチェク選手、出ずっぱりだ。
何とか休めないものか?
来週27日のCL戦のレアル・マドリー戦まで体力が持たない。
その前にリーグ戦、ボルシアMG戦が24日に行われる。
香川選手は24日は休めても、シャヒン選手とピシュチェク選手、オーバメヤン選手もそうだが、
1回休みが必要ではないだろうか?


しかし5試合で、失点「0」って、どうしたドルトのDF陣?嬉!



守備が強くないドルトは何処へ???激嬉!!!



PS:香川選手が交代後、ベンチで左足をアイシングしていたのが気になる。
筋肉系のようだ。
脱臼した肩の可動域が完全ではない香川選手。
試合中、転倒しただけで、見ていてハラハラする。
プレスなどを避けたり、上半身をカバーしながらプレイする分、
必要以上に負担が足に来るのかもしれない。



地元紙採点一部・記者・一般
ビュルキ 2,0 2,1
ヤルモレンコ 1,5 1,5
他、1,5~3,5


ブンデスリーガ第5節試合結果
2017年 9月 19日 火曜日
アウクスブルク 1 - 0 ライプツィヒ
ウォルフスブルク 1 - 1 ブレーメン
シャルケ04 0 - 3 バイエルン・ミュンヘン
メンヘングラッドバッハ 2 - 0 シュツットガルト
2017年 9月 20日 水曜日
ケルン 0 - 1 フランクフルト
ハンブルガーSV 0 - 3 ドルトムント
フライブルク 1 - 1 ハノーヴァー96
ヘルタ・ベルリン 2 - 1 レヴァークーゼン
マインツ 2 - 3 ホッフェンハイム


順位1位[わーい(嬉しい顔)][右斜め上]
順位:チーム:勝点
1 ドルトムント 13
2 バイエルン 12
3 ホッフェンハイム 11
4 ハノーファー 11
5 アウクスブルク 10
6 シャルケ 9
7 ボルシアMG 8
8 ヘルタ 8
9 ライプツィヒ 7
10 フランクフルト 7
11 ハンブルク 6
12 シュツットガルト 6
13 ボルフスブルク 5
14 レバークーゼン 4
15 マインツ 3
16 フライブルク 3
17 ブレーメン 2
18 ケルン 0



ブログのランキングに
エントリーしています!
「ブログランキング」と
「ブログ村」に参加中です!
ポチッと応援よろしくお願いします!
ここを押して下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ここを押して下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
応援ありがとうございます!!!