So-net無料ブログ作成

★★エジル・ドイツ代表引退!!!ドイツとトルコを愛した選手だったのでは??? [football topic]

doitu.jpg


ドイツ代表のエジル選手が代表を引退した。

ドイツサッカー協会会長が差別主義者であると、

名指しで批判した。

差別というのには根深いものがある。

こんな島国の日本でも、未だに差別というものがある。



エジル選手のことは好きだったのに・・・



ブログのランキングに
エントリーしています!
「ブログランキング」と
「ブログ村」に参加中です!
ポチッと応援よろしくお願いします!
ここを押して下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ここを押して下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
応援ありがとうございます!!!



エジル選手はもともとドイツとトルコの2つの国籍から、

選ぼうと思えばどちらでも選ぶことが出来た。

ドイツ代表になるには、ドイツ国籍を選ぶしかなかった。

ドイツ代表選手としてサッカーをやるために、トルコ国籍を捨てた。

しかしトルコに敬意を示すため、ドイツ国歌だけは歌おうとはしなかった。


この話は非常にややこしい。

慎重に議論しないといけない。

これまでず~っと火種はあったはず。

この度のW杯のドイツの不甲斐ない成績。

直前のトルコへの訪問により、

エジル選手が標的になった。

いやいや、エジル選手のプレーはいつもと変わらなかった。

責めるべきは、得点出来なかったFW陣だろう???

それなのに責任をすべてエジル選手に押しつけ、

その理由を、ここぞとばかり過去にさかのぼろうとする。



でもこれだけは言わせてもらおう。



エジル選手がドイツ代表になるまでのドイツのサッカーは、



ここまで強くなかった。



縦ポンサッカーで、実にたいくつなサッカーであった。



しかしエジル選手が加入したことでドイツのサッカーは激変した。



強い、堅実で、しかも面白いサッカーになった。



そのドイツのサッカーが終ってしまうかもしれない。



おそらくエジル選手が、今後ドイツの地を踏むことはないだろう。



それだけの覚悟を持っていてもおかしくないと思う。



バイエルンの会長までが言う。

「彼のサッカーはくそみたいなサッカーだった」と。



なぜバイエルンの会長が出てくる?



エジル選手を代表に選んだのは、レーブ監督だ。



今になって、くそ扱いするのなら、



もっと早い段階で物申すべきではなかったのか?



いったい何を考えているのか?



周りのいろんな国にもいろんな差別はあるだろう。



それは根深いものでそれを語り尽くすことは無理である。



単純にドルトの選手の年棒の交渉1つだけとってもそうである。

「あなたはドイツ人ではないだろう?」と、一刀両断である。



私が書けるのはこれが精一杯だ。



キッカー紙が、特集を組んでいる。

エジルからの言葉〜第1章:トルコ大統領表敬への正当性
ttp://kicker.town/deutschland/2018/07/93206.html

エジルからの言葉〜第2章:メディアとスポンサーへの批判
ttp://kicker.town/deutschland/2018/07/93220.html

エジルからの言葉〜第3章:連盟会長を辛辣に批判、そして代表引退へ
ttp://kicker.town/deutschland/2018/07/93224.html

エジルの言葉〜論評:勝者の無い、悲しき英雄の引退劇
ttp://kicker.town/deutschland/2018/07/93244.html



私が出来るせめてもの発信だ。



ブログのランキングに
エントリーしています!
「ブログランキング」と
「ブログ村」に参加中です!
ポチッと応援よろしくお願いします!
ここを押して下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ここを押して下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
応援ありがとうございます!!!