So-net無料ブログ作成

「サイクルエンデューロin播磨中央公園」耐久レースシュミレーション MTB スリックタイヤPanaracerRiBMo [event]

s-090524 001.jpg



仲間と「サイクルエンデューロin播磨中央公園」に向けシュミレーション。

1周5kmの平壮湖ぐるりを2時間走りっぱなしを実際体感してみる。



GO!GO!GO!





s-090524 002.jpg



オーバーペースにならないように20km/hrをキープしながら1時間。

以外に時間は早く過ぎて行った。

早速仲間に追い抜かれた。

え”っ周回遅れ?

・・・ロードもけたたましく走り去っていく。

もうこれ以上早くこげない~状態でタタタタタタタタタタ・・・と。





090524 005.jpg



残り1時間。そこからだんだんペースが落ちていく。

あか~ん。ふらふらしてきた。

再度仲間の背中を見た。

え”っ2周だから10km差?

・・・他のMTBのグループも気持ちよさそうに走り去っていた。





s-090524 012.jpg



ラスト1周はなんとか25km/hrをキープ出来たが記録は散々なもの。

結局2時間で6周の30kmしか走れなかった。

仲間は余裕で8周の40km。

不謹慎ではあるがこの山火事注意の看板のように終了とともに道路にへたりこんでしまった。

今回のエンデューロは都合により不参加の、やさしいやさしい仲間が応援に来てくれた。



へたっている私の耳元でシャッター音が何回も・・・空耳か?



こんちくしょうと思いながらも体が動かない。




こんなんでレースに出ていいのだろうか?






タグ:Cannondale F7
コメント(2) 

Capanna Coffee Bus カパンナコーヒーバス ワーゲンバスtypeⅡ [VW]

s-090523 002.jpg

青空移動ワーゲンバスカフェ Capanna Coffee Busさんへ



以前から家族を連れて行きたかったワッフル屋さん。





s-090523 004.jpg



いつも加古川の寺家町に来てくれるのは平日が多くなかなか行けなかった。



運よく土曜日の営業。



チャンス到来。





s-090523 001.jpg



子供たちを連れて自転車で早速おじゃました。

私はBRIDGESTONE折り畳みロードTRAVZONE で。

昨年輪行用に購入したがなかなか乗る機会がなくて・・・

あまりにもかわいそうなので今日は歩いても行けるところまで輪行ならぬ、近行ということで・・・???





s-090523 003.jpg



このワッフル屋さんは明治大正の建築 神田邸洋館【国指定有形文化財】の前に来てくれる。

コーヒー、ワッフルがメインだが今日は暑かったためかカキ氷も売っていた。

オープンガーデンでくつろいでもよし、洋館の地下に入ってもよし。

地下ではVWバスグッズの販売もしていた。





s-090523 007.jpg



なんと娘の同級生の家族、お父さんが息子2人を連れてきており、

娘がはずかしいからと早速地下へもぐることに。



もぐるなりなんかこわいな~と言っていた子供たち。

でもすぐに慣れて、なんか秘密基地みたいでいいな~とすっかり腰が重たくなってしまった。

やはり地下だけあって空調はないのにとても涼しいのにびっくりした。

子供らはカキ氷、私はワッフルとアイスコーヒーをいただいた。

ナプキンにもかわいいバスのスタンプが。





おいしかった。





s-090523 010.jpg



今回のインフルエンザ騒ぎで1週間監禁されていたにもかかわらずよく辛抱したので、

そのほうびとして連れてきた。



このCapanna Coffee Busさん。

当面忙しく加古川出張が未定である。

もしかするとこれが最初で最後かもしれない。

せっかくこの次はかみさんと2人でお茶でもしようかなと思っていたのだが・・・ざんねんだな~・・・
(と、思ってもいないことを。。。)





これからもまた加古川に来て下さいね!







サイクルエンデューロin播磨中央公園エントリー with キャノンデールF7 [event]

サイクルエンデューロin播磨中央公園にエントリーした。


■ 開催日:2009年6月7日(日)13:00~
■ 種目:2時間耐久ソロ

1人で2時間こぎっぱなし。

ちゃり仲間と参加予定。



不安と期待でいっぱいである。

早速、F7&RiBMoを車載し特訓している。

平地で30K出た。

でもせいぜい2,3分しかもたない。



2時間もどうやって走ろうか?



未知の世界。




楽しみでしょうがない。






コメント(2) 

新型インフルエンザ [everyday]

s-090520 006.jpg



新型インフルエンザの受診が基幹病院の発熱外来のみだったのが個院で受診できるようになった。



1時間おきに届く厚労省からの通達。



うんざりする。



患者用に外に簡易テントをはって椅子を並べろだって?

いくら一般患者への感染を防ぐためといっても、熱でへたっている患者に対してそんな扱いができるか?

おかしいだろう?

手術用のマスクの上にもう1枚。

マスクも2重に。

1日していると顔がかぶれてくる。

そんな現場のことも知らず、適当な指示を出すんじゃないよ。



厚労省さん、いったい何を考えてるのか?





s-090519 001.jpg



患者の元に薬を届ける。

そういう時はチャリが大活躍。

中央の奥に見えるのが須磨学園。

かなりの激坂でいいトレーニングになる。





s-090519 003.jpg



サイクルショップ ナカゴヤ。





s-090520 005.jpg



おっとこんなところにGIOSが。

よ~く見ると・・・タイヤ20inc(こんないいチャリに乗るガキ、もとい、子供がうらやましい、うらめしい。)



新型インフルエンザ騒ぎのストレスを自転車で発散させる。



ほんと自転車様様です。





自転車様、謝謝です。







コメント(2) 

2009春の中山4時間耐久レース MTBスリックタイヤPanaracerRiBMo [event]

s-s-090503 041.jpg



090503岡山県中山サーキット4時間耐久レース/チームMTB部門参戦

耐久レースにちゃり仲間4人でエントリー。





s-s-090503 040.jpg



ほとんどをロードバイクが占める中、MTB4人で4時間で何周走れるかを競う。

1周2kmのコースのうち上りが半分、下りが半分。

下りでのトップスピード40km。





s-s-090503 001.jpg



晴れのち曇り。天候には恵まれた。

当日朝

目覚まし&モーニングコールを7:30にセットしていたが6時過ぎに起こされた。

女の娘の

「も~いやっ」

のおおきな一声で。

昨夜は牛窓ツーリングを終え西片上に宿をとった。

広い和室だが風呂・トイレ共同。

それでも自転車乗りには充分快適であった。

そういえば夜中、野暮用でフロントの前を通り過ぎる際、若い二人が入ってきて女子がそそくさチェックインしていたな~。
・・・
・・・
・・・
朝から大きな声がフロア中に響き渡っていた。

「あなたがちゃんとしてないから・・・」「前もってきちんと・・・」「せっかくの・・・なのに・・・も~知らない・・・」ガチャンとドアの閉まる音。

「ちょっと待って~」と情けない岡山弁?の男子が追いかける。

おそらく、女子は牛窓かどこかのかわいいペンションでの一泊を希望していた。

しかしいい加減な男子が予約が遅くここしか取れなかった。その内容を女子は知らなかった。

で、女子は怒って日が明けるまで待って出て行った・・・と推測した。



私のほうは支度を済ませてチェックアウト。

ロビーを見ると昨夜見たカップルの男子がうつむいてソファーに座っている。

「なにしとんねん。追いかけんか!せめてチェックアウトの時間になるまでそこら中探して回らんか!このドアホが!」

と怒鳴りたい気持ちをグッとおさえてサーキット場に向ったのであった。



君らの今後の事は私は知らん。



「こっちは夜型人間で、低血圧で、朝が超弱いんじゃ。睡眠時間1時間かえせ~貴重な1時間を~」

と心の中でさけびながら・・・





s-s-090503 027.jpg



さ~いよいよスタートです。

いろんなエントリー方法があるが総勢400名といったところ。





s-090503 006.jpg



我がチームは限界になったら4人が順番で交代していく。





s-s-090503 025.jpg



1番手。1周でもきついこのコースを途中一気に10周走る快進撃を見せてくれる。





s-s-090503 008.jpg



2番手。

落ち着いた走り。

気負いもなくこちらもリラックスできる。





s-090503 018-1.jpg



3番手が山Pこと私。





s-090503 011.jpg



さすがロードにはグイグイ差をつけられてしまう。

2周走ったら息が上がる。





s-s-090503 022.jpg



とり。

力強い走り。

朝一入場・試走し・準備万端。

いきなり3周。

さすがであった。





s-090503 030.jpg



早くも1時間経過:やはり場違いだったのか・・・





s-090503 068.jpg



少しずつ体が慣れてくる。

4周走れた。

この下りの後のカーブが怖い。

落車続出。

救急車も出動。





s-s-090503 023.jpg



2時間経過:ピットもあわただしくなってくる。

ラップタイムで激を飛ばす。





090503 020-1.jpg



なぜかどんどんペースが上がってくる。

一気に5周走った。

もっと行けそうだった。

スワン号で日々鍛えた成果、昨日の前島のアップダウンを走った効果が出てきたのか・・・





s-090503 029.jpg



3時間経過:今度「苦走遅人」のTシャツ作ろうか。





s-090503 049.jpg



終了時間もまじか。

順番が私に回ってきた。





s-090503 032.jpg



最後の力を振り絞り、ゴールをめざす。





s-090503 081.jpg



4時間あっという間だった。





s-s-090503 035.jpg



楽しい仲間との大イベントも終わろうとしている。





s-090503 075.jpg



私の大好きな市松模様、チェッカーフラッグが見えた。

いいとこ取りで皆に申し訳ない。





s-090503 080-1.jpg



最後は3周。

思わずガッツポーズ。

無事におわった。





s-090503 085.jpg



仲間の元へ向う。

怪我もなく無事にレースは終わった。

こんな経験はなかなか出来ない。

頼もしい仲間がいてくれるからこそである。

謝謝。



チームMTB部門・ゼッケンNo.50

総合152位・クラス4位・走行距離45周/90Km・走行時間4時間

祭りも終わってしまった。





s-090503 037.jpg



楽しみで楽しみでしかたなかったこのレース。

最高だった。



早速かみさんに結果報告。

「4位入賞したぞ」

返信は・・・

「何人中?」

私はうそはつかない。。。

「200組走った中のMTB部門で4位!」

「へ~~~」

誰がなんと言っても4位なんじゃ~!!!





s-133_0-1.jpg



証拠もあるでよー(笑)





コメント(5)