So-net無料ブログ作成

山下智久 アニメトリコの主題歌CD”LOVE CHASE” 新曲イベント当選!神戸 [tomohisa yamashita]

CD買って応募したらなななんと握手会に当選したのだ!

ぎりぎりに連絡が入る。

場所は神戸の・・・おっといけねぇこれ以上は言えねぇ。

家の中はお祭り騒ぎ。

ほとんどあきらめていたところの当選メール。

喜びも数倍に!




しばらく物音がしないから失神してるんじゃないかと心配したりなんかする(笑)





山下智久、刑事役で香取慎吾とドラマ初共演10月スタートのTBS系「MONSTERS」 [tomohisa yamashita]

刑事ドラマで初共演!

上司と部下役

香取慎吾(35)と山下智久(27)がドラマで 初タッグを組む。

10月スタートのTBS「MONSTERS」(日曜後9・00)で刑事役に初挑戦する。

香取は慇懃(いんぎん)無礼で嫌われ者だが洞察力に優れた腕利き

山下はセレブの 御曹司で正義感にあふれた新人の設定。

上司と部下で難事件を解決していく。

テレビ朝日「TRICK」などを手掛けた蒔田光治氏のオリジナル脚本。

TBS「華麗なる一族」などの福澤克雄氏が演出。

念願の刑事役に、香取が「ついに、その時が来た!という感じで、とても楽しみです」 と話せば、

ヤマピーも「ワクワクしています」と大張り切り。

クランクインは8月。

香取は初共演について「若き“MONSTER”の山Pと熱くぶつかり合うのが今から楽しみ」 と感想。

ヤマピーは「香取さんからいろいろと勉強させていただきたい」と話している。






山下智久コンサートエロP2012のチケット当選!大阪城ホールと横浜アリーナ/ヤマピー山P [tomohisa yamashita]

TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2012 ~エロP~のライブ



なななんと大阪城ホール、横浜アリーナの2つとも当選したのだ!!!



こりゃ行っとくしかないでしょう!!!!!







2013年公開予定映画「夏の終り」兵庫県ロケは加古川はニッケ社宅にて 神戸新聞より  [my city]

20120711.JPG

昭和の雰囲気を色濃く残す加古川市加古川町本町の日本毛織(ニッケ)社宅かいわいで、映画の撮影が相次いでいる。5月に舞台美術家妹尾(せのお)河童(かっぱ)さん原作、水谷豊さん主演の「少年H」(来年夏公開)で使われたのに続き、6月は作家瀬戸内寂聴さん原作、満島ひかりさん主演の「夏の終(おわ)り」の主要ロケ地になった。板塀の木造住宅と、未舗装の路地が広がる“舞台”は、映画関係者に魅力的に映るようだ。

ニッケ社宅は明治末期から昭和初期にかけて整備された木造建築群。2007年に作家野坂昭如さんの小説を映画化した「火垂(ほた)るの墓」が撮影されたほか、11年にはNHKや民放のテレビドラマのロケがあった。県内に映画製作を誘致・支援する「ひょうごロケ支援Net」の担当者は「『雰囲気が良い』『撮影がやりやすい』といった評判は、製作関係者の間で広がりやすい」と話す。

「夏の終り」は6月5~26日に撮影。映画の舞台は東京だが、昭和30年代の情景を再現するためニッケ社宅が撮影地に選ばれた。満島さんや小林薫さん、綾野剛さんら出演者とスタッフ総勢40人が訪れ、期間の半分以上をここでの撮影に費やした。神戸や姫路、洲本でも撮影があり「オール兵庫ロケ」の作品となる。

今も社宅で暮らす人がおり、観光地としてのアピールはしにくいが、加古川観光協会は「まちのPRにつなげていきたい」と期待する。日本毛織加古川事務所の金古博史所長(55)は「社員や近所の人がエキストラで出演したこともあった。地域貢献につながるなら、これからも協力していきたい」と話す。

すっぽん鍋を食べてきた!加古川は下田家のすっぽん処「下田屋」さん [gourmet]

k20120623 114-1.jpg
楽しかったポタを終えすっぽん鍋を食べに来た。
すっぽん処「下田屋」さん。
店の看板は「下田家」さん。
一押しのすっぽんラーメンの他にすっぽんカレー、すっぽんうどん、オムライスなどもある。
娘さんとは約束した再会を!


k20120623 117.jpg
”ハムオさん、お待たせ!”
”まずは乾杯しましょう!”
赤い絵の具を水で溶いたようなすっぽんの真っ赤な生き血。
凝血するのを抑えるためリカー(蒸留酒)でうめてある。
そのまま飲むもよし、焼酎やジュースで割って飲むもよし。


kkk20120623 118.jpg
”かんぱーーーい!!!”
”くーーーっ!きくーーーっ!!!”
皆はオレンジジュースを入れて、私は焼酎で。
あの鉄分の生臭さもほとんどなくあっさりした「焼酎の生き血割り」だった。


k20120623 115.jpg
”いっただっきまーすぅ!”
まずは”付きだし。”
”すっぽんのから揚げか!”
”なんとなく鳥に近いな。”
”うまいうまい。いい歯ごたえだ”

「それは鶏のから揚げです。新鮮なムネ肉を使ってます。」
”そうだと思ってたんです。おいしいです。(汗)”


k20120623 119-1.jpg
さーフルコースのスタート。
”すっぽんの肝&心臓(赤いのが)の刺身”
肝うまっ!心臓は小さいが口の中が血でまみれる。


k20120623 119-2.jpg
”すっぽんの塩焼き”
うまっ!弾力があるが硬くはない。
プリップリ。
塩加減・焼き加減がGood!独特の味付けのボイル野菜。
これがまたすっぽんに合うのだ!

”すっぽんのから揚げ”
うまいっ!歯ごたえがいいっ!鶏でもなく、カエルでもなく、何と言ったらいいのか。
他にたとえようがない。
すっぽんをから揚げにしたらこんな感じになるのだろう・・・としか言いようがない。
実際食べてもらわないと。。。


k2012062320119-2.jpg
すっぽん鍋・・・これはうまいわ~!!!
出来上がってきた鍋の写真を撮るのをうっかり忘れていた。
ついつい夢中でがっついてしまったからだ。
いーダシが出ている。ポン酢醤油で食べる。
写真は後乗せの具で、すっぽんのコラーゲン部分や豆腐、春雨、野菜(たけのこ・椎茸・人参・ニラetc.)他、
中でもお揚げさんが普通と違う物で出汁をよく吸ってくれて食感はサクサクッという美味な一品であった。


k2012062320119-3.jpg
鍋が終わったらしめのうどんか雑炊を選択できる。
半・半でお願いした。

”すっぽんうどん”
うまい!あっさりしていて何ぼでも食べれる感じがした。

”すっぽんおじや(雑炊)”
超うまっ!!!何と言ってもこの雑炊が最高に旨かった!
うまい雑炊多々あれど・・・
これまで食べたことのない雑炊!これには恐れ入った!


k2012062320119-4.jpg
コラーゲン春巻き・・・うまい!これは特別サービス。
デザートのフルーツ・・・うまい!これも特別サービス。
珈琲・・・うまい!これも?特別サービス。

どれとどれが特別サービスだったのかわからなくなってきた。
雑炊も大盛りにして下さったのでは・・・(笑)
(娘さ~ん、もしこのブログをごらんであればお教え下さ~い。)


k20120623 123.jpg
これがすっぽん鍋に食らいつく時の図。
恐る恐る鍋をつつく。
なんとも不安げな難しい顔をしていることか。。。


k20120623 131.jpg
これがすっぽん鍋を平らげた後の図。
してやったりという感じ。
もうすでにすっぽんパワーがみなぎってきているようだ・・・


k20120623 124.jpg
ご馳走になったすっぽんの背中とお腹のあらわな姿。
これからいいダシがでるのである。


k20120623 136.jpg
この日も生きたすっぽんを見せていただくようお願いした。
皆てんやわんやである。
”おーっ”
”わーっ”
”こわっ”
”すごっ”
”あぶないっ”
”ひえーっ”

k20120623 137.jpg
見よ!この姿を!
このすっぽんがお腹の中に入っていると考えただけでもパワーがみなぎってしまいそうな。。。

ついつい叫びたくなる!
”すっぽん!!!”
”ニカイ!!!”(暗号です。笑)




関連ランキング:ラーメン | 尾上の松駅




Fuelさん、tac-phenさん、ハムオさん、どうもお疲れ様でした。
楽しかったですネ。
ジメジメバテバテがすっきりしましたね!
またご一緒して下さい!

「下田屋」さん
とてもおいしくいただきました!
たくさんのサービスありがとうございました。
持ちきれないほどのすっぽんダシや、縁起のいいすっぽんの骨をいただきありがとうございました。
またお邪魔したいと思います!

THE END

コメント(12)