So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

★★サッカーでは中田!!!野球ではイチローかな???メディア嫌い!!!香川真司??? [media]

20171001.jpg


サッカー選手では中田氏。

野球界ではイチロー選手。

2人に共通することと言えば、、、


大のメディア嫌い。


答える側は、質問に丁寧に丁寧に答える。

質問に付随する内容のことまで余計に話したりする。

記者は自分が聞きたい質問だけ用意して、順番を待っている。

それまでの質問や答えなどいっさい聞いてやしない。

そして自分が質問する番になる。

”今日はこの3つのことを必ず質問して帰るのが私の仕事だ”

と、前の記者がした同じ質問を繰り返す。

「おいっ!それはさっき丁寧に答えただろう?話聞いてましたか?」

となる。

自分のことしか考えていない。

臨機応変に空気を読まない。

TVで報道しないだけで、そういうケースが多いのだろう。

イチロー選手なんか、すぐに言い返すから。

香川選手もメディアのことは好きではない。

特定のメディアのインタビューしか答えないように心掛けている。

羽生選手も、真央ちゃんも偉いな~~~。



最近、ふと思ったことがある。



ブログのランキングに
エントリーしています!
「ブログランキング」と
「ブログ村」に参加中です!
ポチッと応援よろしくお願いします!
ここを押して下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ここを押して下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
応援ありがとうございます!!!




続きを読む


【日テレ】都並氏、解説の言い訳?謝罪?お詫び?日本代表vsニュージーランド戦キリンカップ親善試合 [media]

20171010.jpg


キリンカップのニュージーランド戦での解説。





2人してあまりにもあからさまだった。





TV局に苦情でも殺到したのだろうか?





それで読売テレビ・日テレは番組を使い、わざわざ言い訳の時間を設けたのか?





ブログのランキングに
エントリーしています!
「ブログランキング」と
「ブログ村」に参加中です!
ポチッと応援よろしくお願いします!
ここを押して下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ここを押して下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ


続きを読む


号外!突然のNHKの受信契約!NHK受信料の1番かんたんな断り方!解約法!弱いものだけターゲット! [media]

クリスマスも満喫し、楽しい気分の中、気持ちよく大掃除。
香川選手も帰国し、品川ナンバーのベンツに乗ってドライブで気分転換。
先日は仙台の小学校でイベント。
来年の夏はまた神戸でやって欲しいな~。
そんな年末のこのせわしい時期に、突然1枚の葉書が我が家に届いた。

下宿している身内のところへNHKの関係者がやって来た。
身内にはセールス等のいかがわしい者が来ても、相手にするな、絶対にドアを開けるなと言い聞かせていた。
しかしその日は油断していたようだ。
先日、ネットで書籍を注文しており、その本の到着をまだかまだかと待っていたからだ。

インターホン越しに、
「こんばんわ、アンテナの状態を確認しに来ました~。」
そこで油断していた身内は、建物の管理関係の方かと思い込み、
相手の身の上も確認せず、チェーンをかけた状態でドアを開けてしまった。

相手はドアの隙間に靴を差し込む。
「開けてもらっていいですか~?」
素直にドアを開ける。

・・・と、いきなり、
「テレビ置いてますか~?」
”はい”
「それではNHKの受信契約をして下さい。」
(しまった)、と思った時は既に遅し。



「ブログランキング」「ブログ村」に参加中です!
応援していただけると、非常にうれしいです!
よろしくお願いします!
ここをクリック
して下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます!



続きを読む


J SPORTSに物申す!いきなり番組放送予定をケルン戦に変更するとは!!!バイエルン戦・香川真司・ドルトムント!!!! [media]

j.jpg

J SPORTSさんへ

ドルトムントvsバイエルン戦が録画放送に変更・・・???

その代わりにボルシアMGvsケルン戦を生放送・・・???

なんぼ大迫選手が絶好調だからと言って、そりゃーないでしょう~。怒



「ブログランキング」と「ブログ村」に参加中です!
各1回ずつクリックしていただけると、非常にうれしいです!
よろしくお願いします!
↓↓ ここをクリックして下さい↓↓

↓↓ ここもクリックして下さい↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
クリックしていただいた皆様方、ありがとうございます!!!


確かにドルはブンデスで現在5位。
バイエルンを追随するにはちょっと厳しい。
だいたいこの時点で首脳陣が既にあきらめている所から終わっている。

今週末のバイエルン戦も香川選手の出番は期待できないが楽しみにしていた1戦だった。

それが生放送で見れなくなった。
何の為にお金払って契約しているのか意味がない。
ふざけるのもいいかげんにして欲しい。
しかも録画も週明けの月曜日の明け方って・・・

なめとんかいっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!怒!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

あーもー解約、解約。。。

日本人のいわゆる「スター選手」を作り上げたいという策士が裏で根回ししているのだろうが、

香川選手ファン、ドルトムントファンを馬鹿にするにも程がある。


ドルの監督、選手達の記事、ドルトムントに関する記事がヤフーニュースに上がる。

それもこれも香川選手がドルに所属しているからで、そのドル関連の香川選手に関係ない記事も上がるのである。

ケルンのそういう記事を見たことは・・・ほとんどない。(私は目にしていない)
話題としては監督が笑瓶に似ているということぐらいで・・・笑

大迫選手、香川選手、、、・・・は女性のファンが多い。
大迫選手はサッカー界のジャニーズの「嵐」の相場君的存在になりつつある。
その女性ファンを取り込んで契約させようと図っているのか?

確かに、大迫選手は頑張っている。
走り回って、攻めて、守って、攻守に大活躍している。
我慢して我慢してきた結果、やっと花開いた、、、というところだ。
頑張って、頑張って、現在ブンデス得点ランキング1位のモデスト選手の後釜的地位を獲得した。

だからといって、ケルン戦を見る人が日本でどれだけいるというのか?

香川選手の出番が少ないにせよ、まだドルの試合を見る人の方が多いいのではないかと私は思う。
なんぼ大迫選手がブレーク中と言っても、このやり方はひどすぎる。


私はいつも何かにつけ、”なんくせ”付けてブログに書くクレーマーのように思われそうだが、決してそういう人間ではない・・・はずである・・・と思っている。


たまたまそういうことに巡り会う機会が多いだけなのだ。



今の世の中、理不尽なことが多すぎる。




日刊ゲンダイ、スポニチって何なん???アンチSMAP?アンチ香川真司?/ドルトムント [media]


日刊ゲンダイがまたまた悪意ある記事を出してきた。


いったいなんなんだろ~???


1月のスマップの解散のスクープ記事を出したのは、日刊ゲンダイとスポニチだけだった。


”ジャニーズの広報”と言われている。



香川選手に関してはタイトルからして、ビックリするくらい悪意がある。


”香川真司ピンチ 代表戦で輝けず ドルトムントでも居場所なし”


って。。。


はぁーっ???


である。


記事の締めが、


「近々、カップ戦要員に格下げになると現地メディアは報じている。

いよいよ香川、所属クラブでもピンチである。」


なぜうそを付くのか???


・・・単なる香川アンチである。


これってメディアって言う資格あるのだろうか?


現地メディアは一切そのようなことは報じていないし、ピンチでもない。


記事を書くなら直近のドルの試合を見てから書いて欲しい。(どうせ見ないだろうが・・・)


氏名を公表して書いて欲しい。


”スポーツ担当記者”とか適当に書かず。。。


堂々と書けばいい。


香川選手がゴールをはずしたシーンで、


「代表戦での写真でわかる、、、浅野は・・・、原口は・・・」


だったらその写真を載せればいい。


そこまでして売りたいか。


記事の一部を伐採し、ブンデスリーガ第2節が終了し、


その日の締め切りギリギリの時間と同時くらいに、


いろんなサッカーファンサイトに記事の一部をちら見させ、その続きはどんなんだろうと興味を引こううとし、


読ませるつもり、買わせるつもりらしいが、あまりにバカバカしくて、


こんなことして給料もらってる記者っていったい何なんだろうと思うのは私だけだろうか???


それだったら東スポの方がぶっ飛んでいる分ある意味、東スポの勝ちである。


日刊ゲンダイとスポニチは、香川&SMAPアンチであると私は思う。


ジャニーズサイドからお金をもらっているのは予測できるし・・・


香川アンチを喜ばせて、新聞を売る手段というのも予測できる・・・


試合を見ていないから、まともに書けない記事を書いたところで、ライバルには勝てないからうそをつくしかないと予測する。。。


そんなばかばかしいことにむきになっている私こそが思う壺にはまっているとはわかっているが。。。



書かずにはおられないのである。



どこの国でもこういうことはあるらしい・・・



ふーーーっ・・・



・・・である。